スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

南アルプス-北岳(夜叉神峠~池山吊尾根)H16・5・1~3

 今回は久しぶりの記録の更新となります。
今回は前回予告させて頂いた通りの山行を
軽くお伝えします。
いつも予告はしてもめったにその通りに更新
することはなかなか出来なかったのですが、
ちょうどタイミングが良く更新出来ました。
記録は北岳ですが時期もちょうどピッタリの
GW山行です。
写真を見返してみてもこの時は雪が少ないようです。
例年はもう少しあると思うのですがこの年は少ない
年でしたね。
まあそれでも一般的な登山シーズンとは違い、遥かに
静かに歩くことが出来、多分満足は出来た山行だったとは
思います。
あまり記憶には鮮明にはないですがよければどうぞ。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 001
芦安バス停より夜叉神トンネルを経て展望台より
白峰稜線を望みます。
最近はどうだか分かりませんが、夜叉神トンネルは
車両通行禁止期間は峠側の入口が完全に塞がれているので
そこそこ不気味です。なにせあの長さですからね。
(慣れればなんてことはないですがヘッデンはないと
方向感覚失いますよ)

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 002
鷲巣山を下り野呂川沿いにある発電所へと渡ります。
そこから南アルプス林道公園線へ上がります。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 003
歩き沢橋より御池小屋へと繋がる尾根へと向かいます。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 007
御池です。涸れていますね。
写真には撮りませんでしたがここの小屋はかなり
しっかりしているので使えますよ。
土間があまりよくありませんが山においては
かなり贅沢な空間かなと思います。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 005
ここでしばし横になって空を眺めたようです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 008
小屋よりしばし登りテン泊はこの場所だったようです。
この頃私が気に入っていた大型ドームテントですね。
一人ではかなり贅沢な空間を満喫できます。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 011
朝陽が上がり始めてますね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 012
早朝ならではの雲海です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 013
いきなりですが森林限界を抜けて富士です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 014
間ノ岳がすごくいいです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 016
鳳凰方面です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 019
吹き溜まりですかね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 021
ボーコン付近より小太郎山へ繋がる尾根を眺めます。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 022
ボーコンより。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 024
また富士です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 026
甲斐駒、鋸です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 029
大唐松は単なる尾根とはいえないようです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 030
ボーコンの遭難碑です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 031
小屋尾根から稜線に上がるルートとか
間ノ岳カールとかあのあたりも楽しいところです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 033
飛行機雲と富士です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 035
やはりここからのバットレスは素晴らしいです。
あそこも昨年の崩落で一部はこれから新ルートが
開拓されるのでしょうね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 036
あの辺りはこの時期は落石が怖いですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 038
碑と富士山。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 041
この時はボーコンも割と穏やかだったようです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 042
だいぶ進んできましたね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 043
このあたりでほぼ鳳凰と同じ標高ですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 044
そろそろ八本歯ですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 045
こちらから見ると山荘は雪を被ってますね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 047
コルより。
まだこの時期はここは怖いですね。
こう見えても堆積している雪はかなりあります。
雪崩、落石の巣窟ですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 048
だいぶ近いです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 049
この時は大したことはないですが風が強いと
そこそこ注意が必要です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 050
この年は本当に雪が少ないです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 051
稜線の眺めがよいです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 053
振り返って八本歯です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 055
コルより南嶺狙いかな。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 056
こちらが広河原です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 058
導標です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 059
このあたりは雪がないようです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 060
まだ雲が深いですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 061
結構好きな構図です。
小屋尾根、唐松尾根、奥に南嶺と・・。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 062
ちょっとずらして。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 063
ここはもう新しくなっているのではないでしょうか。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 066
こっちの斜面も雪がほとんど消えています。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 067
大唐松が雲海の中に消えています。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 069
最奥に笊が。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 071
ボーコン。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3③ 072
このあたりで一本取っていますね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 001
山頂が近くなって中央アルプスが見えます。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 002
分岐ですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 003
このあたりは風が強いですね、多分。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 011
仙丈ですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 010
もう山頂ですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 013
白いですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 017
山頂ですね。
風でカメラの紐か何かが写りこんでいます。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 019
何となく。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 021
風の関係で吹きだまっています。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 022
手前より仙丈、中央アルプス、北アルプス。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 028
山梨百名山の標識です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 030
この時の富士山はずっとこんな感じのようです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3② 032
仙塩稜線。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 008
やっぱりこの角度は好きですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 009
仙塩下部、塩見も見えます。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 012
鳳凰、奥に奥秩父。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 014
駒。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 018
山荘が見えますね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 019
ほぼ無雪期通しで可ですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 020
下ったようです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 024
ピストンみたいです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 025
この日は天気が良かったようです。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 026
しかし、この尾根も大きいですね。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 027
ようやく雲も晴れつつあるのかも。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 029
一気に下ってしまいました。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 030
工事関係者設置のホースです。
この頃はよくこれにお世話になりました。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 031
鷲巣山取り付きへ向かいます。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 032
この時は完全ピストンですね
なかなか珍しいと思います。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 035
鷲巣山登り途中より林道公園線です。

南アルプス-北岳(夜叉神・池山吊尾根)H16・5・1~5・3 034
南アルプス林道に上がりました。
この後、トンネルを数か所経て夜叉神峠へ。
以上です。


もう8年も前の山行ですのであまり細部の記憶は
ないですが、写真を見返してみるとかなり天候には
恵まれた穏やかな山行だったようです。
ただやはり時間的な制約がありピストンみたいですね。
この時期でも公共交通機関はあまりこの場所では
アクセスとしてうまく使えないので取り付きまでが
大変です。確か最近はGWは夜叉神までバス入ってましたっけ?
多分この時は下の芦安から歩いたと思いますけど。
でも年度を見るとH16年ですので、確かこの時は3月あたりも
北岳周辺に行っている記憶があります。
この時はこのあたりを集中的に歩いていたようです。
でも奈良田に行かないで夜叉神戻りというのは珍しいような。
古い山行ですが、写真はそこそこ撮っていたようですので
楽しんで頂けたら幸いです。
夜叉神といえば桃の木温泉に行きたいなぁ~と今しみじみ
思っています。
では、次回に。
多分、次回は記録ではありません。





にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村


この時期はこのシリーズの古い物を
よく山に持っていっていました。
今は普段着ですが。


スポンサーサイト
category
[南アルプス北部]北岳(夜叉神峠~池山吊尾根)
genre
趣味・実用
theme
趣味と日記
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。