スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

甲斐ヶ嶺

今回はなんとなく更新をさせてもらいます。
ちなみに山行記事ではありません。
今回の記事のタイトルにしたこの山の名前を
皆さんはご存じですかね?
これは実は南アルプスの北岳の古い名称です。
古くは日本最古の勅撰和歌集である古今和歌集にも
この名前で登場する現在の北岳ですが、イギリス人ウェストンも
芦安の猟師と共に明治時代に登り、その著書においても
甲斐ヶ根という名称で登場しています。

先日PCを立ち上げてしばらく他の所用
を済ませていたところ、自分が取り込んだ
写真のスライドショーが自動的に始まり
この写真が目に留まりました。
その時なんとなくこの峰を甲斐ヶ嶺として思い浮かべた
訳ですが、それは昔に比べれば最近はほとんど
北岳に行く機会がなくなり、懐かしさとウェストンの著書
で読んだ北岳の古い呼称がシンクロしてそのような
気持ちになったようです。
山ブームもあってこの山も最近は
随分と賑やかになっているようですが、
ここは思い出の場所でもあるので
またいつか冬期の白峰三山に行くことが
あればいいなと思っています。


私が一番好きな北岳のビューポイントである亡魂沢の頭から
過去のものを以下数枚です。
南アルプス-北岳(ボーコン)3H15・12・30~H16・1・2 028

南アルプス-北岳(ボーコン)3H15・12・30~H16・1・2 030

南アルプス-北岳(ボーコン)3H15・12・30~H16・1・2 037

南アルプス-北岳(ボーコン)3H15・ (1)
ここには大きな遭難碑があります。

南アルプス-北岳(ボーコン)3H15・12・30~H16・1・2 030

南アルプス-北岳(ボーコン)3H15・12・30~H16・1・2 032

こんな写真もありました。
奈良田より歩き沢橋途中の南アルプス公園線脇の氷柱です。
南ア-北岳(ボーコン)3H15 (3)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
category
[山行に関わるお話]甲斐ヶ嶺
genre
趣味・実用
theme
アウトドア
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。