スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

南アルプス-仙塩尾根北部縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原)H17・8・19~20

今回は平成17年の南アルプス北部・仙塩尾根上部縦走をお伝えしてみます。
当初南嶺の写真をお伝えするつもりでいましたが、写真の整理をしている中で
なんとなくこちらを記事にしてみたくなりましたので簡単なものですが
ご覧ください。南嶺はまたお伝えします。
最近は山に行くことはない私ですが、改めて残っている山行の写真を含めて
いままでこのブログで記事にしてきた写真を見返してみると、自分が納得した
山行の写真は極めて少ないなという印象です。今までの山行経験を振り返って
みて、納得して充実感を特に得られた山行は写真は二の次でその瞬間を楽しんでいた
のだなと振り返っています。とは言いつつも写真を残しているものについては
こうしてブログに上げて一部の方には楽しんで頂けているようですし、自分自身も
そのことによって楽しませて頂いているのだなとは思っています。
ということでこのブログも当分過去の写真を記事にしてお伝えする形になります
(まだしばらく在庫はありそうです)。
では簡素な山行ですし写真も多くないですがよければご覧ください。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 001
広河原よりおそらく午前中に北沢峠へ。
写真は大平山荘です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 002
取り付いてから少しで振り返って。
先日お伝えした鋸稜線が見えます。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 003
仙丈への一般的な登山道もいくつかありますがこのルート
は陽があまり当たらず歩きやすいのと下草がうっそうと
しているのが好きですね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 004
沢沿いに道が付いています。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 005
沢沿いのルートは当然ですが水が豊富です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 006
歩いてきた下部はガスに覆われています。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 007
ここもちょっとした滝です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 008
導標です。馬の背ヒュッテ経由で向かいます。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 009
馬の背ヒュッテです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 010
導標です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 011
仙丈小屋、松峰ルート分岐です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 012
仙丈山頂です。
ガスに覆われていますね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 013
この天気の中、可憐な花です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 014
ルートを振り返るとこんな感じです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 015
大仙丈です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 016
雷鳥ですね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 017
視界はいっこうに晴れませんね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 018
振り返ってもこんな感じです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 019
標高を下げて樹林帯に入ります。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 020
南アルプスに似合う天気ではありますね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 021
伊那荒倉岳の三角点です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 022
ここが高望池ですが涸れていますね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 023
赤い実の植物が群生していました。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 024
高望池の水場です。
伊那側に少し下ったところにありますが、
高望池付近にもゴミが多かったので水は飲まなかった記憶があります。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 025
池のある場所にヘビ苺が群生しています。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 027
少し霧雨のような感じです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 028
野呂川越です。
この稜線でテン泊してもよかったのですが、確かこの時点で
両俣小屋に行ったことがなかったこともあり下ってみた記憶
があります。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 031
この時もゴアライトを使っていたのですね。
このテントは私のテントを使った山行では
大活躍のようです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 032
両俣小屋です。
この時は私一人がテントを張っていたようです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 033
私恒例の朝の手ブレです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 034
仙塩稜線に戻りました。
また手ブレですいません。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 035
白峰方面から朝の陽光です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 036
明るくなってきました。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 037
真ん中の尾根から北岳に取り付いても面白そうです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 038
樹間の平坦な道を進みます。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 039
熊の平に繋がる仙塩下部の尾根が見えてきました。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 040
真ん中が向かう三峰岳です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 041
このあたりから太陽の光を強く感じるようになります。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 043
あの奥が中白根山あたりですかね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 044
振り返って、歩いてきた稜線です。
仙丈は雲をかぶっています。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 045
黒檜山です。
このあたりの沢も面白いですね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 046
塩見に至る仙塩尾根下部が見えます。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 047
仙丈も駒も雲を頂いています。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 048
連なる山々の景色はいいですね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 049
三峰岳山頂から仙丈方面です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 050
三峰岳のケルンです。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 052
仙塩尾根下部です。
右寄りに熊の平小屋が小さく見えるのが
分かりますかね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 053
西農鳥と富士です。
ここから白峰稜線に向かいます。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 054
間ノ岳付近より。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 055
もう一枚。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 056
もう一枚です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 057
手前から弘法小屋尾根と池山吊尾根です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 059
富士を撮ったのですが雲で隠れました。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 060
北岳です。
こちらも雲がかかっています。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 062
このあたりで間ノ岳の氷河地形を楽しむのもいいですね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 063
歩いてきた仙塩尾根上部が平行して見えます。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 064
北岳方面へ向かいます。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 065
間ノ岳も離れました。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 066
中白根より三峰岳が真ん中に見えますね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 067
ガスが濃くなったところで北岳山荘が見えてきました。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 068
北岳山荘です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 069
八本歯分岐です。
北岳に寄る理由はないので八本歯経由で
広河原に下ります。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 070
トラバースです。このあたりでももうちょっと早いと
キタダケ草を見れますね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 071
ここは冬は雪崩てますね。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 072
八本歯の頭です。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 073
コルに向かう途中で振り返ります。

南アルプス-仙塩尾根縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~両俣小屋~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原(H17・8・19~20) 074
左俣です。雪渓が若干残ってますね。
下って広河原です。
すいませんが写真はここまでのようです。

以上、山行終了。


雑感
本来、仙塩尾根は仙丈ケ岳と塩見岳を結ぶ稜線であり、上部・下部
という区分けは正しいのかは分かりません。この時は三峰岳を境として
その半分だけ仙丈~三峰間を週末のトレ山行のような感覚で臨んだ
ような記憶があります。
この稜線は仙丈から一旦かなり標高を下げて樹林帯の中を
歩けるので私は好きなところです。
もうこの稜線を歩くことはないかもしれませんが、野呂川側から北岳に
突き上げる尾根や沢も面白いので、もしかしたら近くに行くことがいつか
あるかもしれないな、となんとなく写真を見返しながら思った山行でした。
では、また次回もお好きな方はご覧ください。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


↓ノースのザックもなかなかいいですよ。



スポンサーサイト
category
[南アルプス北部]仙塩尾根北部縦走(北沢峠~仙丈ヶ岳~三峰岳~間ノ岳~八本歯~広河原)
genre
趣味・実用
theme
アウトドア
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。