スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山・後編(西沢渓谷~鶏冠尾根~鶏冠山~木賊山)H18・5・20

前回は鶏冠尾根・木賊山山行の前編をお伝えしました。
前編では登山口となる西沢渓谷より鶏冠山までの行程
をお伝えしました。
今回の後編ではそこより木賊山までを中心にお伝えします。
では簡単なものですがご覧下さい。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21② 070
なにやら雲行きがさらに怪しくなってきたようです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21② 069
向こう側はまだ陽があたっています。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21② 071
木賊山に向かいます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21② 072
一瞬にして霧に覆われます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21② 073
ここは右側が切れ落ちているようです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 001
このあたりは風が強く吹き抜けます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 002
歩きながら撮っているのでぶれたようです。
黄テープがありますね。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 003
ここは細い尾根の繋ぎ目でしょうか。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 004
雨は上がり始めましたが風は強いです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 026
ここで歩く先の尾根を見ることが出来ます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 028
ここは若干二重山稜気味になり、こちらの尾根は沢へ落ちる為
向こうの尾根に乗り換えます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 005
開けたところより戸渡尾根方面ですが、虹がかかっています。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 007
薄くなりましたが雨上がりの虹です。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 009
国師方面ですが、このときは一瞬にして雲が切れた記憶があります。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 010
雨上がりの陽光は気持ちが良いです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 011
ようやく広瀬湖が見えました。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 012
雁坂峠方面ですが、雲の切れ間から陽光がところどころ
射しています。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 013
だいぶ明るくはなりましたが、この写真は失敗ですね。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 014
奥に甲武信ヶ岳が見えます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 029
ここからも広瀬湖が見えます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 015
一転して日差しが強いです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 016
このあたりは多くの倒木を越えながら藪を抜けます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 017
進行方向の目線はこんな感じだったようです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 030
一時的に天気は回復ですね。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 031
歩いてきた尾根を振り返ります。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 032
雲が細切れになっています。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 033
木賊山が近くなりました。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 035
この稜線からはいくつも滝を遠望できます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 018
砂礫の開けた場所に出ます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 019
このあたりから木賊山へ向けて一登りとなります。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 020
登り終えて平坦地となります。赤テープがあちこち
にありますがあまり気にしない方が良いです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 021
樹間も狭くなり踏み跡も薄いので
方向感覚を軽トレするには最適の場所です。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 022
そろそろ縦走路にぶつかりそうです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 023
縦走路に出ました。
ここは登路の場合、最後の部分は自分で縦走路の
どこに出るかを意識すると面白いですね。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21 024
木賊山山頂に寄りました。
ここから戸渡尾根を使って西沢渓谷に降ります。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21③ 001
徳ちゃんと近丸の分岐です。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21③ 002
石楠花のつぼみのようですね。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21③ 003
沢が見えてきました。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21③ 004
ここで一本とったようです。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21③ 005
軌道を歩きます。

奥秩父-鶏冠尾根~木賊山(鶏冠谷出合~鶏冠山~鶏冠尾根~木賊山)H18・5・20~H18・5・21③ 006
西沢渓谷入口にて。バス車内より鶏冠尾根を
遠望できます。
この写真で気付いたのですが、この時は下山した後
河原でテン泊し翌日朝帰宅したようです。

以上、山行終了。


雑感
今回は鶏冠尾根~木賊山山行の後編をお伝えしましたが
いかがでしたか?
あまり写真ではきれいに撮れてはいませんが、例年この時期は
石楠花がきれいに咲いていることもあり西沢渓谷や甲武信ヶ岳は
たくさんの観光客や登山者で賑わいを見せるようです。
ただ鶏冠山やさらにそこから木賊山となると歩かれてはいるものの
その頻度は当然少ないですので人と会うということはこの時期でも
あまりないようです。実際この時も私は誰とも会いませんでした。

ルート自体は取り付きへ辿り着く為に渡渉が必要になるため増水時
は大変であること(雨天翌日等は注意ですね)また、鶏冠尾根の上部
では鶏冠山までの間にちょっとした岩稜帯もあるため、嫌いな方は
お気を付け下さい。
ただ直登しなくてもトラバースがあるところも多々なので岩がお好きな
方は少しは遊べるかもしれません。
木賊山までは一部藪が濃いところや倒木の多い樹林帯を歩き、甲武信ヶ岳
へつながる縦走路に出る手前では樹林帯の平坦地でルートファインディング
の勉強もできる楽しいところです(個人差はありますね)。
ここでしっかりコンパスを使って木賊山山頂標識を目指して進んだり、
縦走路のどのあたり出るのかを考えて歩いても面白いと思います。
ただ、自己責任ですのでご注意下さい。

では不定期ですが、お好きな方は次回もご覧になって頂ければと思います。
次回は時期はちょっとずれますが南アルプスの南嶺をお伝えしようと現時点では
思っています。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

↓私がよく携帯する非常用ツェルトです。



スポンサーサイト
category
[奥秩父]鶏冠尾根~木賊山:後編
genre
趣味・実用
theme
アウトドア
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。