スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

奥多摩-東日原~天目山~天祖山H20.9.20

今回は1年前の奥多摩ハイキングをお伝えします。

時期は初秋ですが、天気は出発前から良くないことは分かって
いましたので、絶好のハイキング日和の中の山歩きという訳では
ありませんでした。
ただ、雨中や天気のあまり良くない日には、その日なりの山の姿
というものがあり、その中にすばらしい、その瞬間にしか味わえない
光景というものがあります。
ということで、この時は下山時頃には雨だろ~なという予測のもとに
行った山歩きとなりました。

では、本文と写真をどうぞ。


奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 001
奥多摩駅よりAM8:30頃のバスで東日原へ。
天目山(三ツドッケ)に向かいます。
乗車率は天気もあって低かったようです。
中でも川苔山登山口で降りる方がほとんどのようでした。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 002
この時点でポツポツときてはいますが、気にするほどではありません。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 003
天目山まではトラバース道が多いです。
この天気のおかげで心拍数も上がることなく快適な山歩きが出来ます。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 004
細い尾根を歩きます。
ここは晴れているとある程度展望が得られます。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 005
歩きながら上を撮りました。
霧が良い感じです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 006
石楠花のトンネルです。
春はきれいでしょうね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 007
尾根道に乗ったようです。
奥多摩らしい広い尾根です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 008
一杯水避難小屋に着きました。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 009
ここは皆さんきれいに使われていて快適に過ごせるようですよ。
小屋の裏から山頂までは一登りですが、今回は長沢背稜へのトラバースに
そのまま入ります。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 010
トリカブトですかね?

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 011
トラバースを少し行くと背稜側からの山頂取り付きの導標があります。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 012
何の目的で撮った写真かは覚えていないのですが、
道はしっかりしていますよ。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 013
ここからは快適な樹林帯の山歩きが続きます。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 014
都水道局の看板です。ここは多摩川の水源林です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 015
導標です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 016
この雰囲気はこの天気ならではですね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 017
導標です。
緩い傾斜の道を歩きます。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 018
すいませんがこの山域の登山地図を持っていないので、
この展望箇所の名前がはっきりお伝えできません。
他の方の記録より燕岩かと思われます。長沢背稜はほとんど樹林帯の
中を歩き、展望を望めないため、ここは晴れていれば貴重な展望箇所だと
思いますよ。飛龍山の禿岩みたいな感じの突き出た展望台です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 020
ちょっと暗いですかね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 021
トラバースする為に付けられた木道です。
ありがたいですね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 022
低い下草のトラバース道です。
これもいい雰囲気ですね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 023
七跳尾根の分岐です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 026
キノコです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 028
酉谷山山頂分岐です。
今回は山頂へは行きません。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 029
避難小屋方面のトラバースに向かいます。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 030
だんだん霧が深くなってくる感じがします。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 031
反対側からの山頂取り付きの分岐に出ました。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 032
ここは少し樹間が広く明るいです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 033
ここはちょっとすべりやすいです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 034
石楠花の枝の生やし方は本当に生命力を感じます。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 035
このあたりは登山道脇に花が咲いており、きれいでした。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 036
導標です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 037
ここが長沢背稜を経て雲取山に向かう道と、天祖山へ向かう道の分岐となります。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 038
分岐から通ってきた道を振り返りました。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 039
天祖山方面に向かいます(分岐を振り返ります)。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 040
キノコです。これは食べられそうですけどね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 041
一気にかなり下りました。看板と導標があるここはコルのようなところです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 042
採石場経由の林道からは行けませんという看板のようです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 043
キノコです(すいませんがボケました)。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 044
またキノコです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 045
コルから天祖山までは急登箇所も多いです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 046
シメジじゃあないですよね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 047
鹿、熊から樹皮を保護するネットですね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 048
今回はキノコを結構撮りましたね。これは何でしょうね?

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 049
急登終わって平坦地に出ました。山頂が近そうです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 050
だいぶ霧が晴れてきたようです。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 051
緩やかに山頂方面に向かいます。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 052
すいませんが、この時は山頂の写真を撮らなかったようです。
この山頂は神社があるので特徴的なんですけどね。失敗しました。
この導標は山頂過ぎて初めての導標だと思います。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 053
このあたりから、うって変わって霧が濃くなり、雨も本格的に降り始めました。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 054
導標です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 055
まだ木々が雨を防いでくれている状況ですが、土砂降りになりそうな予感です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 056
雨の中を下山します。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 057
だいぶ下って導標です。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 058
天祖山登山口が見えました。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 059
登山口の導標です。左に行くと大ダワ林道や富田新道経由で雲取山ですね。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 060
雨を考えると釣りの方ではないと思いますが。

奥多摩ー天目山~天祖山H20.9.20 061
東日原バス停に向かいます。
雨の中ヒキガエルが気持ちよさそうに歩いていました。


以上、山行終了。


雑感
今回は私の大好きな山域である奥多摩の山行でしたが、いかがでしたか?

当日は天候不良であることが分かっており、そのことを想定しての山歩き
となりました。雨中装備とある程度の慣れがないとおススメはできませんが、
このような天気でないと山が見せてくれない姿というものがあることもまた
事実です。

今回は写真の量も少なく、あまり納得のいくものは多くありませんが、
快晴のときとはまた違った山を味合うことができ、充分自己満足のできた
山行でしたが、ご覧になって頂いた方にもその雰囲気を感じてもらえたら
嬉しいです。
また歩く距離も短すぎず、長すぎずちょうど良いと思います。
以前お伝えした酉谷山~雲取山荘~鴨沢のハイキング
http://kaikom.blog61.fc2.com/blog-category-26.html
よりも短いので、静かな山歩きでちょっと長めというパターンで山を
楽しみたい方にはおススメできると思います。
時期は春か秋で、天気は当然晴れている時がいいと思いますよ。

では、今回もご覧になって頂いてありがとうございます。


よければ登録してみて下さい。↓


↓ブロガーをお探しながらブログ村へどうぞ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓ランキングです。できればお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

↓こちらもランキングです。できたらお願いします
人気ブログランキングへ


GOLDWIN WEB STORE

スポンサーサイト
category
[奥多摩]東日原~天目山(三つドッケ)~天祖山
genre
趣味・実用
theme
アウトドア
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。