スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

道志山系-御正体山(谷村町~御正体山~今倉山~二十六夜山~赤坂)H21.6.20

今回は今春の道志山塊の御正体山ハイキングをお伝えします。

御正体山という山は、山梨県都留市東桂と同県南都留郡道志村の間にある
山で、標高は1,682mとハイキングにはちょうど良い山です。
私がこの山に興味を持った理由は、これといってないのですが、まず特徴的な
その山名と、日帰りで行くには手頃であるという点です。

この山名の御正体とは、神の体そのものという意味であり、つまり山自体が神
であるという古い山岳信仰に基づくもののようです。
日本の山で各地にある神仏習合による信仰対象の山で、元々は養蚕の神が
祀られていたそうです。江戸時代末期には御正体山に入山した妙心上人への
信仰が高まり、上人は村人や参拝客に説法や加持祈祷を行い、38歳で即神仏
になろうと断食入定したそうです。上人はミイラとなって山中に祀られましたが、
明治の廃物棄却により信仰は廃れ、現在は故郷の岐阜県谷汲村の横蔵寺
舎利殿に安置されているという歴史をもつ山です。

この歴史も登る前は知らず、後付けですが、日本の山にはよく見られるケース
です。というより、ほとんど山岳信仰により開山という山が多いですよね。

では写真と本文をどうぞ。

IMGP3666.jpg
中央本線・大月駅より富士急行・河口湖線に乗り換え、谷村町駅へ。AM8:00頃。

IMGP3667.jpg
駅前の町内案内の看板です。
御正体山へは案内板の下のトンネルの方面へ歩きます。

IMGP3668.jpg
案内板があります。あそこで左に曲がります。

IMGP3669.jpg
トンネルを越えて、案内板の道志村方面へと向かいます。

IMGP3670.jpg
御正体山に向かうこのあたりはのどかな田園地帯です。

IMGP3672.jpg
40分程歩いて細野の集落まで来ました。

IMGP3673.jpg
菅野川は、結構釣りで有名ですよね。

IMGP3674.jpg
川の水は当然きれいです。

IMGP3675.jpg
このあたりの雰囲気は良かったんですけど、デジカメが
曇ってしまったみたいですいません。

IMGP3676.jpg
登山口についたようです。

IMGP3677.jpg
登山道入口にある三輪神社です。

IMGP3678.jpg
神社近くに御正体山の案内板がありました。

IMGP3679.jpg
林道をしばらく登って、2、3軒あるきれいな別荘邸のような
ところを通り過ぎると、ゲートにぶつかります。

IMGP3680.jpg
ゲート後も完全に舗装された道が続きます。

IMGP3681.jpg
しばらく舗装道を登ると、途中で登山道に誘導する案内板
があります。

IMGP3682.jpg
有志の導標ですかね?

IMGP3683.jpg
気持ちの良い笹の中の道です。

IMGP3684.jpg
登山道はきれいに整備されており、登り易いです。

IMGP3685.jpg
途中展望の開けた箇所より、谷村町・赤坂方面だと思います。

IMGP3686.jpg
道はなだらかな尾根筋についています。

IMGP3687.jpg
ここまで導標があった記憶はないですが、稜線にでると、
こんなりっぱなものがありました。

IMGP3688.jpg
こんなりっぱな導標があります。道志山系では珍しいですね。
この山は道志では山中湖に近いこともあり、結構登られる
方も多いようです。

IMGP3689.jpg
きれいなベンチもあります。

IMGP3691.jpg
かつて妙心上人が祀られていた神社の跡地でしょうか。

IMGP3692.jpg
なだらかな稜線上を御正体山山頂へ向かいます。

IMGP3693.jpg
一登りで山頂に着きました。AM10:45頃。

IMGP3694.jpg
ここにも神社の社がありますね。

IMGP3695.jpg
道志の集落と丹沢方面です。
ここは残念ながら富士山方面の展望はありません。

IMGP3698.jpg
今倉山方面に向かいます。

IMGP3699.jpg
御正体山からかなり下った後はなだらかな稜線歩きです。

IMGP3700.jpg
このあたりは道志方面が開けて見えます。

IMGP3701.jpg
登山道は明瞭です。

IMGP3702.jpg
登山道を境にして、道志方面(右側)が植林帯が多いようです。

IMGP3703.jpg
導標です。

IMGP3706.jpg
このあたりは伐採後のようです。

IMGP3707.jpg
道志方面からの登山口との合流点です。

IMGP3708.jpg
消えかかった導標です。

IMGP3709.jpg
登山道の開けたところより、御正体山方面です。

IMGP3711.jpg
今倉山に着きました。

IMGP3712.jpg
菜畑山方面に行こうか迷いましたが、二十六夜山に向かいます。AM12:00頃。

IMGP3715.jpg
今倉山を離れます。

IMGP3716.jpg
このあたりはうっそうとしています。

IMGP3717.jpg
気持ちの良い登山道です。

IMGP3718.jpg
二十六夜山に向かう途中の御座入山です。

IMGP3719.jpg
二十六夜山方面です。

IMGP3720.jpg
下山予定の赤坂駅方面だと思います。

IMGP3721.jpg
御正体山方面です。

IMGP3722.jpg
歩いてきた御正体山から今倉山への稜線です。

IMGP3723.jpg
道志を走る国道413号と都留市をつなぐ24号ですね。

IMGP3724.jpg
あの辺りの集落が、今回、御正体山に取り付いた細野の集落だと思います。

IMGP3725.jpg
このあたりの山では、御正体山は山容が大きいですね。

IMGP3726.jpg
途中の導標です。

IMGP3727.jpg
いったん林道に下りるようです。

IMGP3728.jpg
下りたところの導標です。

IMGP3729.jpg
りっぱな舗装道を上に向かって歩きます。

IMGP3730.jpg
少し行って、ここより登山道に戻ります。

IMGP3731.jpg
ここからも御正体山がよく見えます。

IMGP3733.jpg
集落をズームしました。

IMGP3735.jpg
二十六夜山付近より、下山予定の方面を撮りました。

IMGP3736.jpg
山頂です。PM12:40頃。

IMGP3738.jpg
二十六夜山の説明板です。

IMGP3739.jpg
下山します。

IMGP3740.jpg
気持ちの良い登山道です。

IMGP3741.jpg
かなり下りました。先に水場があるようです。

IMGP3743.jpg
写真はあまり良くないですが、ここの水は非常に
おいしかったです。
水好きの私としてはおすすめです。

IMGP3744.jpg
なんだかよく分かりませんが、こういうものがありました。

IMGP3745.jpg
ずいぶん大きい石です。

IMGP3746.jpg
このあたりが沢の源流部になっています。

IMGP3747.jpg
水は非常にきれいです。

IMGP3748.jpg
いくつも小さい支流が合わさって大きい流れとなります。

IMGP3749.jpg
少し沢に沿って歩くと登山道入口に出ます。

IMGP3750.jpg
登山道入口付近にある導標です。

IMGP3753.jpg
登山道入口から少し下って振り返りました。

IMGP3754.jpg
このあたりにお住まいの方は水は最高ですね。

IMGP3755.jpg
水田も割りと多かったです。

IMGP3756.jpg
ここから赤坂駅方面に向かいます。

IMGP3757.jpg
道路脇の用水路を流れる水がきれいです。

IMGP3759.jpg
この温泉に寄ろうかとも思いましたが、今回はやめました。

IMGP3760.jpg
最初からバスはあてにしていませんでしたが、やはり
ほとんどありません。

IMGP3761.jpg
赤坂駅に向かって歩きます。

IMGP3762.jpg
途中みつけた植木栽培の方の庭です。

IMGP3764.jpg
赤坂駅到着です。歩いたらそこそこ距離はあるようです。
時刻はPM15:30頃でした。

以上、ハイキング終了。


雑感
今回は、普段あまり私が入ることがない道志山塊でしたが、
山中湖に近い側の御正体山付近は割りと入山者がいるようです。
実際、今回も山頂付近と今倉山へ向かう稜線で何人かの入山者
とすれ違いました。山中湖に近いここは、マイカー登山者も入山
しやすいという事情もあると思います(ピストンならば)。
御正体山自体は山容も割りと大きくどっしりとした山で、登り甲斐
がある山です。ただ、山頂で展望が得られないのが残念です。

今回のハイキングで意外な驚きは、二十六夜山下山途中の水場
である仙人水の水が非常においしかったということです。
半分トレーニングのつもりである今回の山歩きで一番の収穫は、
この水場の水でした。私はここの水を1ℓ程汲んで持ち帰り、自宅で
焼酎で割って頂きました。おいしかったですよ。
今回のハイキングは山自体よりもここの水が一番印象に残りました。
皆さんもいかがですか。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
category
[道志]御正体山(谷村町~細野~御正体山~今倉山~二十六夜山~赤坂)
genre
趣味・実用
theme
アウトドア
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。