スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

山行お役立ちツール⑥

今回は、山行お役立ちツールの第6回をお伝えします。

とその前に、私の貴重なブロ友よりアドバイスを受け、
重いと不評な当ブログを軽くするよう若干改善を施した
つもりですがいかがでしょうか?(基本的にはトップページの
記事を減らすだけという至って単純な手続きなんですが、
それすら素人の私は気づいておりませんでした。)
せっかくご覧になって頂いている方には、不快な思いを
させてしまい申し訳ありません。
ただ当ブログの性質上、写真はこれからも大きいものを使用
しますので、本格的な山行をお伝えする記事は相変わらず
重いことが想定されます。
何卒ご容赦下さい。

では山行お役立ちツールの御紹介に戻ります。
今回は腕時計です。
私の山行記録を見て頂いている方は、何回か写真で
ご覧になっている方もいらっしゃると思いますが、私が
一番山行に使用している頻度が高い時計は(忘れる
ことも多いですが)、SUUNTOのヴェクターです。

SUUNTOの時計はもうひとつヴァージョンが上で、値段
が高かったものも持っているのですが、ヴェクターの方が
使いやすい為、本格的な山行では十中八九これを使い
ます。つまり、私が一番信頼している時計ということです。

私が感じるヴェクターの使いやすさ、利点は

1、高度測定範囲が充分で(500~9,000m)、正確性が高い。

2、使用温度範囲が広い(-20度~60度)。
  他メーカーで同じ値段のものより広いです。

3、防水能力が高い(水濡れを気にする必要は全くないです)。

4、電池交換が簡単(コイン1枚で交換できます)。

5、電子コンパス機能が付いている(方位確認が簡単なバリエーション
  ルート等では手動を持たず、これのみ携行します)。

以上ですが、日本の登山で使う時計としては機能として充分だと
思います。デザイン、ファッション等については私はあまり気にしない
ので、そちらを気にされる方には物足りないのかもしれませんが。

鬟幃セ榊アア+017_convert_20091011115832
平成19年5月、飛龍山・禿岩にて

私が購入したのはもう何年も前になるので、ご紹介
する時計の方が新しいものです。値段はそれなり
という感想です。これぐらいの機能がついていれば
しょうがないかな、というレベルだと思います。
ただ、購入当時はこんなに色の種類があるということ
を知りませんでした。
もしよろしかったら以下のお店でどうぞ。

↓ここは現在セール中のようです。色はブラックです。


↓イエローです


↓グリーンです


↓オレンジです



よければ登録して下さい↓



↓ブログ村へどうぞ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ユニフレーム特集


スポンサーサイト
category
[山行お役立ちツール]腕時計
genre
趣味・実用
theme
アウトドア
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。