スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

南アルプス―悪沢岳:中編{新倉~伝付峠~(二軒小屋~西俣~蛇抜尾根~悪沢岳~千枚岳~二軒小屋)}H21.9.19~21

今回は、南アルプス-悪沢岳山行を後編としてお伝えする予定でしたが、
作成中に写真がかなり多いことに気づきましたので(すいません、気づくの
が遅くて)、重いと言われる当ブログがいっそう重くなることを警戒して全体
を三編としてお伝えさせて頂きます。

ということで、今回は中編とさせて頂きます。
当初お伝えした予定と変更となりましたことをお詫びします。

前回は、新倉より内河内経由で伝付峠を越え、二軒小屋に至る
本山行のアプローチ部分をお伝えしました。

今回は西俣へ入渓後、その西俣から蛇抜尾根を経て悪沢岳に至る
までの行程をお伝えします。

前編の当初予定でも触れましたとおり、本来は西俣へ入渓後、西俣
慣合まで行く予定でした。この西俣慣合という場所は、その昔(今は
中国にとって変わられた日本の在りし日の高度経済成長時代だと思い
ます)、に木材需要に応ずる伐採基地のような場所だったそうで、その
時は集落もあったそうです。
今は当時の面影は当然なく、舗装された堰があるのみ、というのは
ネット等の情報で知ってはいますが、いまだ西俣に足を踏み入れた
ことがない私にとって、西俣慣合は何となくそこに行ってみたい、と感じ
させる場所でした。
今回、結果的にその目的を達することはできませんでしたが、それは
またの機会にします。
今回、悪沢岳に至るにあたって取り付いた蛇抜尾根(勝手に命名して
いますので、お分かりの方は訂正してください)は、西俣に流れ込む
蛇抜沢と新蛇抜沢の間に発達した尾根であり、西小石尾根とは2,600m
付近で合流します。結局、時間の都合で西俣をショートカットして慣合手前
の尾根に取り付いたということになります。
ただ、この尾根も樹林帯のバリエーションとしては充分楽しめるルート
でありました。

では、本文と写真をご覧下さい。

IMGP5275.jpg
翌朝AM3:30起床。山の朝は早いですね。何といっても寝るのが夜7時
とかですから。
その後、軽い食事(前日の残りのおにぎりと大豆系スティック)と多めの
水分を摂ってAM5:00頃出発。

IMGP5276.jpg
相変わらず朝方ブレるのは直りません。
写真は二軒小屋を越えてすぐの堰です。
水量はまずまずといったところでしょうか。

IMGP5277.jpg
そういえば千枚小屋は火事にあったんですよね。

IMGP5278.jpg
堰のあたりから二軒小屋を撮りました。

IMGP5279.jpg
堰の落ち口です。

IMGP5281.jpg
堰をいったん吊り橋で越えると導標があります(写真ひどくてすいません)。

IMGP5283.jpg
大井川の右岸を少し進んで、この吊り橋を渡り返して林道に出ます。

IMGP5286.jpg
林道を少し行って、立派な橋を渡ります。

IMGP5287.jpg
橋の上より、大井川東俣と西俣の合流地点を撮りました。
白い方が今回入る西俣です。

IMGP5288.jpg
ここが東俣方面と西俣方面の分岐です。
左が西俣です。

IMGP5289.jpg
西俣の脇に付けられた林道です。
この奥にある中部電力の発電所のところまでは、林道も生きているようです。

IMGP5291.jpg
落石によって破壊された法面工事の為の階段。

IMGP5293.jpg
ザレからの落石がたまって道が盛り上がっています。

IMGP5294.jpg
林道上のザレです。

IMGP5295.jpg
崩落箇所を振り返って。

IMGP5297.jpg
中部電力の発電所まで来ました。
ここまでは、車が時々入るようなので、林道もある程度整備されています。
ここからはおそらく悪いでしょう。

IMGP5298.jpg
発電所を越えてからの林道です。

IMGP5299.jpg
以前、東俣でも崩落林道では怖い思いをしたので、発電所手前に戻って
西俣に降りることを決定。しかし、この決断が結局計画変更の最大の
要因となります。

IMGP5300.jpg
ここから降りることにします。

IMGP5301.jpg
降りてからは適当に進みます。

IMGP5302.jpg
水量は普通ですね。

IMGP5304.jpg
鹿を中心とした野生動物の足跡です。

IMGP5305.jpg
ここが通り道のようです。

IMGP5307.jpg
西俣へ派生する尾根に陽が当たります。

IMGP5309.jpg
少し進んで対岸に段丘があり、左岸よりも歩きやすそうなので、渡ることにします。

IMGP5310.jpg
今回の山行は、念のため重登山靴もザックに詰めてきています。
ただ、現時点でファイブテンのキャンプフォーで問題なく歩けています。
この靴にとっては最初の難関ですが(つま先が入っただけでも中が
濡れます、普通の靴と一緒です)、写真の箇所が渡渉しやすそうです。

IMGP5311.jpg
渡渉後。
河岸段丘の上は予想どおり歩きやすそうです。
行ける所まで行きます。

IMGP5312.jpg
こちら側にも林道が付いていたんですかね?

IMGP5313.jpg
とりあえず、右岸に渡っておいて正解だったんですが、
左岸の林道も生きていそうな感じですね。

IMGP5315.jpg
しかし、あっという間に今度は歩いている右岸が狭くなります。

IMGP5316.jpg
この水量なら、重登山靴で浅いところを気にせずに渡れるのですが。
アプローチシューズだと場所選定に時間がかかります。

IMGP5319.jpg
足に負担がかかるゴーロ帯でも杖は活躍してます。

IMGP5320.jpg
と言っているうちに、右岸が詰まりました。

IMGP5321.jpg
ちょっと戻って、写真の箇所をジャンプ渡渉しました。
写真は渡った後です。

IMGP5322.jpg
ここまでで当初の予定より時間をかなりロスしています。
渡ってあたりを見渡すと、元々の左岸の林道がだいぶ
河岸に近くなり、乗っかると踏み後があります。
どうやら、最初から林道を歩いていたほうが、無難だった
ようです。

IMGP5323.jpg
前方に大きいザレがあります。

IMGP5325.jpg
ザレの上部です。落ち着いてはいるようです。

IMGP5326.jpg
しっかり道はついており、赤ペンキもあります。
釣り師用ですかね?

IMGP5327.jpg
きれいですね。

IMGP5328.jpg
この林道は本当に歩きやすいです。

IMGP5329.jpg
右岸に渡る橋が出てきます。かつては車が通っていたんでしょうね。
このあたりから、慣合からの取り付きをあきらめ、もっと手前で取り付く
ことを検討。1/25,000でも確認できる、この橋を基点に登る尾根を
検討します。


大きな地図で見る
地図で見ると、ここから一番近くて取り付ける尾根は、悪沢の左岸にある尾根
で、これは悪沢岳(東岳)のカールに直結しています。ただこの尾根だと、西小石の
稜線は完全にパスすることになります。
慣合から登った場合にも、西小石稜線では合流するので、慣合をパスした今回
は、西小石尾根上部に直結する尾根を選びます。
慣合手前では取り付けそうな尾根は2本あります。
今回は手前の蛇抜沢の左岸にある、新蛇抜沢との間の尾根に取り付くことにします。

IMGP5330.jpg
ということで計画変更が決まり、先に進みます。

IMGP5333.jpg
しばらく進むと開けた場所にでます。
ここで1本とります。

IMGP5334.jpg
見渡すと、山葡萄の蔓が一面覆っています。

IMGP5337.jpg
潜るとこんな感じです。たくさんありますが、若そうですね。

IMGP5336.jpg
貴重なフレッシュフルーツのビタミン+水分なので、今食べる分と携行分
を頂きます。味はやっぱり酸っぱいです。

IMGP5338.jpg
大きいザレです。

IMGP5339.jpg
かつての西俣林道の名残です。

IMGP5341.jpg
このあたりもしっかり歩けます。

IMGP5342.jpg
沢なのでまだ陽は当たりませんが、けっこう太陽は上がっています。

IMGP5344.jpg
このあたりを取り付くと、悪沢左岸尾根に合流するんでしょうね。

IMGP5346.jpg
ちょっといやらしいところですね。
踏み跡は高巻きもあるようですが、ここは一旦河岸に下りました。

IMGP5347.jpg
ようやく蛇抜沢です。
このあたりで釣り師の方と遭遇。釣果を尋ねるとまずまずとのこと。
西俣で2日間釣りをお楽しみとのことでした。
私もそろそろ山行スタイルをよりバリエーション化したいと考えさせ
られますね。もっと時間が欲しいです。

IMGP5348.jpg
このあたりは鹿道が明瞭です。
蛇抜沢を越えたので本格的に取り付き場所を
探します。

IMGP5349.jpg
このあたりをじっくり眺めます。

IMGP5351.jpg
よい取り付き場所が見つかったので取り付きます。
細い鹿道トラバースです。

IMGP5352.jpg
分かりにくいですが、このあたりは鹿道がジグザク
に付いてます。

IMGP5353.jpg
少し登って、西俣を見下ろします。

IMGP5356.jpg
100mくらい登ると下草がなくなり、歩きやすくなりました。

IMGP5357.jpg
この辺りもなるべく明瞭な鹿道を探し、乗り換えながら尾根を目指します。

IMGP5358.jpg
写真だと分かりづらいですが、薄く野生動物の踏み跡があります。

IMGP5360.jpg
なるべくジグザグに薄い踏み跡を利用しながら尾根を目指します。

IMGP5362.jpg
尾根の下部に乗れそうです。

IMGP5363.jpg
乗った尾根の下部から、登ってきた方面を撮りました。

IMGP5364.jpg
ここからは、なるべく尾根を外さないように登ります。

IMGP5365.jpg
歩きやすそうなところを適当に進みます。

IMGP5366.jpg
このキノコは?

IMGP5367.jpg
樹林帯なので景色に変哲はありません。
ただ本人(私ですが)は進む方向、歩く場所に気を使いながら
歩いております。

IMGP5369.jpg
この時点でAM8:00です。もちろんこのコースのコースタイムと
いうものはデータがないので分かりません。
稼いだ標高と地形図で所要時間を推測します。
まだ想定内です。

IMGP5370.jpg
このあたりはまだ尾根がある程度顕著なので、位置の確認は大体
頭の中で出来ます。
樹林帯で怖いのは広い平坦地に出たときですね。
特に下りでそういうケースで遭難される方が多いようです。
そういう時は地図とコンパスですよ。

IMGP5371.jpg
樹間が広いので、藪漕ぎがほとんどないのがありがたいです。

IMGP5373.jpg
過去に入った方が付けた青紐のようです。

IMGP5374.jpg
往年の山仕事の一斗缶ですね。

IMGP5375.jpg
このあたりは尾根が顕著に細くなりました。

IMGP5376.jpg
ここで1本とります。
結局、重登山靴は使わず、キャンプフォーでここまで来ました。
これも下草が予想以上に少なかったから可能でした。
ただ、だいぶ靴の中に草木が入ったのでここできれいにします。

IMGP5377.jpg
この時点で水は2ℓあり、なんとか持つだろうと計画していました
(途中の水場探しの場所も地図から見当は付けているのですが
これは不確定です)。
ただ、消費量は少ないにこしたことはないので、水分とビタミン
を先ほど取った山葡萄で補給します。

IMGP5378.jpg
この先は樹間が狭そうです。

IMGP5380.jpg
今度は傾斜がきつくなりました。
なるべく緩いところを探して上がります。

IMGP5381.jpg
広いところに出ました。
こういうところにでたら、必ず一回はコンパスで進行方向と方位を
確認します。

IMGP5382.jpg
それにしても、山に興味がない方が、いきなりこんなところに
ポンと置き去りされたら、さぞ怖いんだろうなと、ふと思ったり
もしました。

IMGP5383.jpg
あそこで少し展望が得られそうです。
こういう山登りには気分転換になります。

IMGP5387.jpg
といっても樹間が多少広いぐらいですね。

IMGP5386.jpg
ここで1本とります。
通常はあまり食べないお菓子というものを糖分補給
の為食べます。マドレーヌです。

IMGP5388.jpg
まだまだこんな感じで登ります。

IMGP5390.jpg
少し樹相が変わりましたかね。

IMGP5391.jpg
ようやく少しずつ展望が開ける箇所が出てきます。

IMGP5393.jpg
立ち枯れの木が多く、かなり広く開けた場所に出ます。
雷が落ちた場所ですかね。

IMGP5394.jpg
ちょっと前から小さく聞こえてはいたのですが、こちらの方角に沢があるようです。

IMGP5395.jpg
ありました小さい沢です。標高は2,460m付近のようです。

IMGP5396.jpg
沢の上部を撮りました。

IMGP5397.jpg
ここで1本とります。

IMGP5398.jpg
いままで、水分の摂取を絞って登ってきたので、ここで
切り替えて多めに摂ります。
加えて、水筒を満タンにしました。
水は冷たくておいしい南アルプスの天然水・南部バリエーション
ルート版です。

IMGP5399.jpg
沢の下部です。一目で分かりにくい程、水量は細い
です。おそらくこの水は新蛇抜沢に合流するものと
思われます。

IMGP5400.jpg
沢を離れ登ります。

IMGP5401.jpg
このあたりから樹間が非常に狭くなり、突入するのを
躊躇するぐらいとなります。

IMGP5402.jpg
ふと上を見上げると、途中で折れた枯れ木が不安定に引っかかっています。
直撃したらひとたまりもないですね。

IMGP5403.jpg
あのあたりも開けていそうです。

IMGP5405.jpg
ここも雷による火事の影響ですかね。
ただ標高も、2,500mを越え、低木が多くなってきてはいます。

IMGP5404.jpg
ここからは伝付峠を手前にきれいに富士が見えました。

IMGP5406.jpg
徳右衛門岳と蝙蝠尾根が一部見えます。

IMGP5407.jpg
こういうところは入る前に回りを確認してから入ります。

IMGP5408.jpg
なるべく樹木がないところを方向を確認しながら登ります。

IMGP5409.jpg
蝙蝠岳ですね。

IMGP5410.jpg
樹間からの富士もなかなかです。

IMGP5411.jpg
立ち枯れて開けたところは幸いにも登り易いです。

IMGP5412.jpg
2,650mを越えそろそろ森林限界が近そうです。

IMGP5413.jpg
ダケ樺の樹林帯に出ました。

IMGP5414.jpg
このあたりは横に顕著に鹿の踏み跡があります。

IMGP5415.jpg
このあたりは登り易いのですが、日差しがきついです。

IMGP5416.jpg
赤い色が目の保養となりました。

IMGP5417.jpg
ダケ樺帯を越えると一面ハイ松の海のようです。
ハイ松が濃すぎてその先が全く分かりません。
しかもハイ松の背丈自体が私の身長以上あり幹も相当
太いので、とてもこげそうにありません。
下手に突っ込んだら、引っかかって出られなくなるか、
体力を消耗して動けなくなるでしょう。
これで鹿道がなぜ横に走っているのか分かりました。
鹿もこのハイ松を避けるか、弱点を探しているのでしょう。

IMGP5418.jpg
ということで鹿の知恵を拝借することにします。

IMGP5419.jpg
鹿道も何本もあるので、なるべく上に向かう、開けている方角を
目指す道を選びます。

IMGP5420.jpg
右へ左へ調べた結果、左からコースを取った方が傾斜も緩く、ハイ松
の弱点も見つけられそうな感触であったので左上に向かいます。
写真はその過程で見つけたハイ松の縫い目です。

IMGP5421.jpg
ここはハイ松の薄いところを縫って進み、西小石稜線を左へ少し回り込んだところです。
振り返ると塩見岳がきれいに見えます。

IMGP5422.jpg
ここからの富士もきれいです。

IMGP5423.jpg
ダケ樺とハイ松の境界線に沿ってまだ進みます。

IMGP5426.jpg
ここで靴の中をきれいにし、靴紐を締め直します。

IMGP5427.jpg
まだ、進む方向の視界が開けません。
開けると位置の感覚とか、その後の行程をより現実的にイメージ
できるのですが。

IMGP5430.jpg
まだのようです。

IMGP5431.jpg
ようやく視界が開けて、西小石稜線が見えました。
ここでホッと一息です。

IMGP5432.jpg
ただ、だいぶ短くなったとはいえ、ハイ松漕ぎは避けられません。
稜線までの距離が一番短くなり、枝が細く漕ぎやすい箇所を探します。
ハイ松は高いほうから低いほうへ、枝を地面に這うように生やすので
登りだとまともに戦うことになります。

IMGP5433.jpg
振り返って、これが視界が開けた場所に出た地点です。

IMGP5434.jpg
ポツポツとハイ松がない開けた場所があるので、そこを使いながら序々
に稜線に近づきます。

IMGP5435.jpg
何ヶ所か稜線へのルートを検討した結果、あの岩の付近を
目指して取り付くことに決定します。

IMGP5436.jpg
ここで鹿のフンを発見。ハイ松の中にも鹿のルートがあるはずです。
そこを見つけるとおそらく相当楽なのですが、その余裕はありません。

IMGP5437.jpg
ついにハイ松帯に突入です。
写真は格闘中に撮ったのでご勘弁下さい。
漕ぐというのは大げさではなく、両足は枝の
上に乗っているので、浮いた感じでバランス
を取るのが難しいんですよ。

IMGP5438.jpg
いったん取り付きましたが、傾斜がきついようなので
別の場所を探します。

IMGP5439.jpg
薄いところを探すと逆に稜線から離れてしまいます。

IMGP5443.jpg
ここでハイ松の下に先日の北鎌尾根でお世話になった
ベリー系の黒い実を発見。
これを何個も食べてビタミンを補給します。

IMGP5444.jpg
気持ちを取り直して再度取り付きます。

IMGP5445.jpg
傾斜も緩くなり、もう少しで抜けられそうです。

IMGP5446.jpg
ようやく稜線上の平らなところに出られそうです。

IMGP5447.jpg
ようやく抜けました。
このハイ松帯でかなり体力を消耗しました。
ここで1本とります。
靴を脱いで休みます(キャンプフォーで行けましたね)。

IMGP5448.jpg
西小石尾根稜線から、蝙蝠尾根下部、白峰南嶺、櫛形山
その向こうが甲府市街です。

IMGP5449.jpg
稜線から富士です(ちょっと富士山撮りすぎですかね)。

IMGP5451.jpg
目的の南部のGiantsが見えました。
奥が荒川三山・中岳です。
左端が今回の最高到達点である荒川三山・東岳(悪沢岳)です。

IMGP5452.jpg
手前に塩見岳、だいぶ奥に北部のGiants、間ノ岳・農鳥岳も見えますね。

IMGP5453.jpg
小河内岳・奥が中央アルプスです。

IMGP5454.jpg
ちょうど手前の稜線の真ん中あたりに高山裏避難小屋がありますね。
西俣から小西俣に入り、内無沢を詰めるとあそこに上がれますね
(普通に稜線の登山道から行けますからね)。

IMGP5456.jpg
これから登る悪沢岳までの西小石尾根上部です。

IMGP5457.jpg
こんな感じで撮ってみました。

IMGP5459.jpg
この時点で時間的に予定よりはかなり遅れましたね。
ハイ松帯との格闘による時間のロスが大きかった
ようです。

IMGP5460.jpg
内無沢方面を撮りました。

IMGP5463.jpg
あのあたりが三伏峠ですね。

IMGP5464.jpg
この辺はけっこう疲れがでて、こまめに休んでいます。

IMGP5465.jpg
この稜線はアップダウンはさほどなく歩きやすいです。
ただこの時は疲れています。

IMGP5466.jpg
休んでいると、ハイ松帯が盛り上がってバリバリと音を立ててこちらに
向かってくる動く物があります。
こちらが立ち上がると、急にハイ松の膨らみは進路を横に変え、その
動く物は向こう側に姿を現しました。
見ると、今回大変お世話になったニホンカモシカです。
心の中でお礼を言いながら、降りていく姿を見送りました。

IMGP5467.jpg
悪沢カール方面です。

IMGP5468.jpg
真ん中が魚無沢と内無沢の分岐です。

IMGP5469.jpg
悪沢カールの端と富士。

IMGP5471.jpg
これが私です。
今回はさすがに疲れました。

IMGP5472.jpg
天鏡池です。

IMGP5473.jpg
蛇抜沢を詰めるとあそこに上がるんですね。

IMGP5474.jpg
振り返って。
ペースが全然上がりませんね。
無理して上げる必要もないんですけど、
足が痛いとかそういう類ではないので、水分摂取のタイミング
の間違いによる疲れのようです。
この時はなんとか脳をだまして、体を動きやすいように持って
いけないかな、とか考えていました。
こういう時はなんとか無理してでも食べ物を胃に入れた方が
よいようです。
長期山行なら多少ほっといても体が順応しますが、今回は
そのスタイルではありません。

IMGP5475.jpg
だいぶ近づいた感があります。

IMGP5476.jpg
カールと丸山です。

IMGP5478.jpg
たぶん、飯田市街です。

IMGP5479.jpg
ようやく岩稜がでてきました。
頂上が近づいてきた証拠です。

IMGP5480.jpg
振り返って。

IMGP5481.jpg
塩見岳・北俣尾根です。
私はまだあそこをやったことがないので、気になる尾根の
一つです。

IMGP5482.jpg
最奥に鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳も見えますね。

IMGP5486.jpg
まだありますね。

IMGP5487.jpg
あの先端からだいぶかかっています。

IMGP5489.jpg
もう一登りです。

IMGP5490.jpg
ようやく、荒川三山の向こう側の山が見え始めます。

IMGP5491.jpg
中岳です。
それにしても、同じ荒川三山で括られているのに
このアップダウンはすごいですね。

IMGP5492.jpg
稜線より富士。

IMGP5493.jpg
赤石岳です。

IMGP5494.jpg
荒川三山・中岳と前岳です。

IMGP5496.jpg
椹島方面です。笊ヶ岳も見えますね。

IMGP5497.jpg
奥に上河内岳も見えますね。

IMGP5499.jpg
すいません。そういえば山頂標識ご紹介していませんでした。
山頂到着です。PM14:45頃。
この時点で時間的には当初予定より1~2時間くらい遅れて
います。しょうがないですねバリエーションなので。
誤差の範囲です。


すいませんが今回は山頂までとなります。
次回はここからの下りと3日目の下山行程
をお伝えします。


雑感(中編)
今回は急遽後編の予定が中編となりましたが、意外と写真を
撮っていたのを取り込み中に気づいてしまいました。
申し訳ありません。

今回は本山行の中心部分をお伝えしましたがいかがでしたか?
一口にバリエーションルートといっても、かつて登山道だったか
どうか、あるいは山域ごとの山容の違いによっても変わってくる
ので、一概には言えません。ただ確かに言えることは、今現在は
公式に登山道とされていないところを歩くということです。
ですから、ただ単に体力に自身がある方、あるいは一般登山道
は相当のスピードで歩けるという方でも、事前準備なしには臨まない
方が良いスタイルの山行です。
プラスアルファとして最低でも地形図とコンパスの使い方は覚えて
からにしてください。
それ以上のことは取り組み始めたら、自然とご自分で分かってくる
と思います。

今回の南アルプス・悪沢岳のルートはバリエーションルートの中でも
さほど登られているルートとは思えませんが、樹林帯好きの私としては
充分楽しめる山行となりました。2,650m近辺の、ハイ松海原手前の
ダケ樺帯の横についた鹿道のトラバースや、ハイ松帯の弱点探し等は、
南アルプスならではのバリエーションと言えるものでした。
ただ、ご覧になって下さる方が面白いと思って頂けるかは分かりません。

また、今回の蛇抜尾根取り付きは予定変更の結果ですが、取り付き地点
までの西俣の渓相は非常に落ち着いた様子に見えました(特に東俣と
比較して)。ただ、渓なのでその様相は変化しやすいですね。

さて、次回は悪沢岳山頂から2日目のテン場に向かいます。
千枚小屋か二軒小屋です。また3日目の下山の行程もお伝え
します。

では、なるべく早めにお伝えしますので、見て頂ける方はもう少しお待ちください。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



プラネット・グリーンeストア(ザ・ノース・フェイス)

スポンサーサイト
category
[南アルプス南部]悪沢岳:中編(新倉~伝付峠~二軒~蛇抜尾根)
genre
趣味・実用
theme
アウトドア
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。