スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

山行お役立ちツール①

こんばんは。
申し訳ありませんが、今回も山行記録の更新ではありません。

本日は私がこれまでの山行において、実際に役立った道具
についてお伝えします。

第一回目は杖です。
要するにストックですね。
私も1本Paineのストックを過去に購入し、持ってはいますが、
最近はあまり使っていません。
もちろん過去には何回もお世話になりました。
それなのにあまり山行に持っていかない理由はなぜでしょうか?

それは荷物の軽量化の一環です。
現在の山道具の進化はすさまじく、これらの技術革新があって、
昔では到底考えられないスピードで山行が出来ていると、私自身
感じてはおります。ストックもその例にもれず、使う素材がより軽量
なものに進化することによって、山行に携行することの負担がかなり
減ってきていることは事実です。

しかし、私は最近、山行にストックを携行しません。
それは決してストックを使用しないという訳ではありません。
むしろ、2泊以上の山行になれば、疲労は蓄積していくため、
下りには3点を確保して荷重を分散したほうが体にかかる
負担はその分少なくなり、より安全に快適に終盤まで山行
を行うことができます。

その私が最近使うストック、あるいは杖は自然の木です。
要は、落木して、一定時間が経っているものから選んで
適当な長さに折り、使っているのです。
生木であると水分を含んでいる為重く、又、枯木であまり時間
が経ったものであると、今度は朽ちてしまっていて使えません。

とはいうものの、そんなに真剣に時間をかけて山行中に杖探し
をしている訳では当然ありません。歩きながら目ぼしい物を
さっと見つけ、持ち口を確認し、持ちやすければ体重をかけて
耐性を確認し、使えると思えばそれを使います。
ある程度使って使いづらければ、また別のを探せば良い訳
ですから。

という訳で、皆さんもいかがですか?

IMGP5562.jpg
ちなみにこの杖は、樹皮がむけてしばらく経っているようで、
木の種類は分からないのですが、軽くて非常に使い易かった
です。
ダケカンバの細いのもよく使いますが、あれはちょっと重い
ものが多いようです。

この写真の杖は一番最近の山行で使用したものです。
今回、連休前半に南アルプス南部の本格的なバリエーション
ルートを歩いてきました。近日中にお伝えしたいとは思い
ますが、その前にこれまた、南アルプス南部の準バリエー
ションルート(H19年の記録)をUPさせて頂きたいと思い
ますのでお好きな方はもう少しお待ちください。

では、また。

↓よければ登録してください。


↓ブログ村へどうぞ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
category
[山行お役立ちツール]ストック
genre
趣味・実用
theme
趣味と日記
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。