スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

奥秩父-西沢渓谷~近丸SC~ヌク沢左俣右沢~木賊山H25.10.12:前編

 今回は久しぶりの最近の山行記録をお伝えします。
 今年は山行に行くことは不可能かと思っていましたが、
なんとか一本は出来ましたので、時間があるうちに更新
しようという気になりました。
 やっぱり最近の記録を作っていていいところは記憶が
新しいのですんなり記事が書けるところかなと思います。
 今回は山行のテーマは久しぶりということもあり、過程において、
いろいろと楽しもうと考えていたこともあって、沢と尾根を絡める形
となりました。
 沢はこの時期が実は楽しいというのが私の感想です。
今回のような場所は幾分ゲレンデと化している感もあり(特に沢の行程は)、
この時期の方が人が少なくて面白いでしょう。
一般的には夏に沢をやるというのが普通のイメージだと思いますが
それぞれの場所により適した時期があるのだと思います。
 この沢の遡行適期は奥秩父ということもあり日によっては11月くらいまで
は楽しく遊べるのではないかと思っています。
 では、ヌク沢下流部は近丸新道でSCし大滝下段部まで
の記録ですが、よければご覧ください。

501.jpg
最寄駅です。

502.jpg
塩山駅です。8時半発のバスに乗ります。
この駅は公共交通機関を使って山へ行く私にとっては馴染み深い思い入れのある駅ですが、
ひとつ残念なのは立ち食いそば屋がないことです。

503.jpg
バスは乾徳山で降りる方も多かったですが、西沢渓谷
ハイキングの方も多かったようです。"

504.jpg
今日は天気がいいですね。


506.jpg
西沢はハイキング日和です。

507.jpg
近丸に入ります。
 ほぼ一年振りの山行でしたので、正直言って登山口から近丸に入る登りが
きつかったぐらいです。

508.jpg
森林軌道です。

509.jpg
ヌク沢はけっこう下です。

510.jpg
近丸を跨ぐヌク沢に入り込む枝沢です。

511.jpg
近丸トラバースにある雨よけ小屋です。

512.jpg
時刻はこんな感じです。
ヌク沢を跨ぐ部分に着きました。

514.jpg
分岐から最初の堰堤の巻きはあまりよくないです。

515.jpg
最上部から。

516.jpg
入ってすぐのヌク沢です。

517.jpg
振返って。

518.jpg
足回りはこんな感じです。

519.jpg
写真は暗いですが、ここは遊べます。

520.jpg
久しぶりの沢は気持ちが良いです。

522.jpg
どこでも歩けますね。

523.jpg
でもこのあたりは沢の方が楽です。

524.jpg
鹿のヌタ場です。熊も使っているかもしれませんね。

526.jpg
こんな小さい滝もあります。

527.jpg
この日は割りと気温も高かったので気持ちよいです。

528.jpg
ナメです。

529.jpg
同じく。

533.jpg
水はこんな感じです。

534.jpg
この辺は全部水線通しで行けますよ。

536.jpg
水のしぶきがよいです。

538.jpg
こんなナメも。

540.jpg
近丸尾根分岐より2つ目の堰堤です。

541.jpg
巻きの最上部より。

542.jpg
ここもあまり良くないです。

543.jpg
巻いた後の堰堤湖を撮りました。

544.jpg
あのガレ地帯を頭上に通るところは結構怖いです。

547.jpg
3つ目の堰堤だと思います。

548.jpg
ここの巻きは楽です。

549.jpg
堰堤巻きより。

550.jpg
"4つ目の堰堤です。
ここは左から巻きます。

551.jpg
振返って。

552.jpg
とにかくきれいな水がよりいっそうきれいに感じられる
天気でした。

553.jpg
4つ目巻きの途中より。

554.jpg
平成8年みたいですね。

555.jpg
ここは長い巻きです。

556.jpg
ここは5つ目の巻きに入ったところですね。

557.jpg
こっちに登って近丸に合流するのもありですね。

558.jpg
"ここの巻きは高い。
正直嫌です。"

559.jpg
"結局、あの林道の橋になっている部分の切れ込み
が二俣の右俣ということになるのでしょう。
今回は大滝経由が前提なので右俣には入りません。

560.jpg
5つ目過ぎてこんな感じです。

562.jpg
ここも歩きやすく周囲も感じがいいところです。

563.jpg
秋の沢ならではの落ち葉です。


簡単に沢の雰囲気ということで。

565.jpg
ようやく滝らしい滝ですね。

566.jpg
なんとなく上。

567.jpg
この辺は水流脇を適当に歩きます。

568.jpg
奥の二俣です。ここは右に入ります。
左沢は戸渡尾根の途中に突き上げます。

569.jpg
"右沢は入ってすぐにこのプールがあるのが
特徴です。"

570.jpg
少し沢にも傾斜が出て来てますね。

571.jpg
"このあたりは倒木がすごいですね。
沢には馴染みの光景です。

572.jpg
私はこの倒木地帯は好きです。

573.jpg
振返って。

574.jpg
鬱蒼としていていい感じです。

575.jpg
小さい滝です。

576.jpg
このあたりは歩く場所を探すのに多少苦労が。

577.jpg
多少ゴルジュっぽいです。

578.jpg
水流の中の岩に面白い模様が。

581.jpg
この辺はジメジメと滑りやすいです。

582.jpg
小滝後。

584.jpg
ここは水流左脇を登るのがベストかと思います。

585.jpg
段々と傾斜を増します。

587.jpg
どっかこのあたりで一回ドボンしたかもしれません。

588.jpg
大滝下段近そうです。

590.jpg
戸渡尾根方面。

591.jpg
このあたりから岩が大きいです。

592.jpg
大滝下段部です。

593.jpg
ルートは右側このあたりから取りました。
夏だと水線通しでもいいですね。

594.jpg
 下段の上部は中段に上がる際に左側に移って
から上がるのがいいかなと思います。
すいませんが、今回はここまでとしたいと思います。"

雑感
 この日は何より天気が最高でした。
普段、山においてはそれほど天気を気にしない私も
沢となるとさすがに天気が良い日がいいです。
ただ今回のヌク沢はもともと水量は少ないので
問題にはなりませんが、本来水量という点で気にすべき
点は当日以上に前日以前の降水量ですね。
 ということで今回はヌク沢大滝の下段部までお伝え
しましたがいかがでしたか。
ヌク沢は堰堤が多い点は残念ですが、大滝という核心部
を持ち、沢登りをする人間にとっては爽快感もあり
面白いところだとは思います。
 またヌク沢自体の全体の感想は後編の最後の駄文に
書きたいと思っています。
 今回は当初は一回で更新するつもりでしたが、やはり
写真の量が多くなったので2回に分けることとしました。
2回に分けると後編の更新がいつになるか確信をもて
ないのでどうしようか迷いましたが、とりあえず前編
だけでも更新しようという気持ちになりました。
 また、当ブログはコメント欄等閉鎖していることもあり
メッセージを頂く方には拍手コメント欄にメッセージを
入れて頂くという不都合をおかけしていますが、
拍手をしてくださる方やわざわざメッセージ下さる方に
はこの場でお礼を申し上げます。
ありがとうございます。
では、時期は不定ですがまた後編で。

スポンサーサイト
category
[奥秩父]西沢渓谷~近丸SC~ヌク沢左俣右沢~木賊山:前編
genre
趣味・実用
theme
趣味と日記
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。