Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

南アルプス白峰南嶺-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム)H17・11・19~20

久しぶりのこのブログの更新となります。
最近はこのブログの事はすっかり忘れ、そういえば
どうなっているのだろうと管理画面に行ってみましたが
まだ削除はされていないみたいですね。
 ブログが存在しても更新しようかどうするか迷っていましたが
1回ぐらいは更新しようかという気持ちになりました。
 今年は全く山には行っておりませんので、過去の記録で
更新が簡単そうな写真が多くないものとなりますが
お付き合い頂ける方はご覧ください。
 過去の記録と被るルートでもあるので私のこの記録は
あまり面白味はないですが、白峰南嶺という場所は
今この時期(初秋から初冬にかけて)特に大変面白いところ
だと思います。山行を少しでも出来るような状況になったら
ここをライフワークに出来れば幸せです。
 ここと大無間山以南の山々・尾根と沢はルート的にも
いろいろと想像を掻き立てられ全国的に見てもなかなか比較
出来るところは自分としては少ないのではないかと考えて
います。
 とりあえず南嶺の一般的なルートですが一泊でも十分楽しめる
ルートです。どうぞ。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 001
老平です。
この日は天気は秋晴れです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 002
秋の陽光は強くても気にならないです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 003
ここの吊り橋はこの頃はしっかりしています。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 004
奥沢谷。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 005
広河原。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 006
秋晴れかと思いましたがさほどでもないようです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 008
テン場を探しているようです。
桧横手山手前でしょう。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 009
桧横手山付近。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 012
ツェルト内。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 013
翌朝しばらく上がって。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 015
下手な写真ですね。
月です。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 018
富士です。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 021
布引ガレの最上部です。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 022
所の沢越分岐。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 023
布引山標識。
山頂はテン場として最適です。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 026
朝陽が上がりましたね。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 027
聖と赤石。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 029
写真の稲又山方面に向かいます。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 032
下って布引ガレを見上げます。
凄いガレです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 034
切れ込みの下は稲又谷ですね。
ここは最近は誰も遡行する人はいないでしょう。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 035
多分、所の沢を撮ってます。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 036
所の沢越えへの道。
割と明瞭なところが多いです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 037
途中より布引山。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 040
所の沢越。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 041
ここから稲又山を巻いて中の宿沢に沿って
歩く道へ下ります。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 043
所の沢越えに下りてきた辺りを撮っているのかもしれません。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 044
少し下って源流の一部です。
ここはテン場適地ですがきれいに使いたいです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 046
ボケ写真ですいません。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 047
こんな感じの平坦地です。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 048
凍結してますね。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 049
こんな感じで所の沢は始まります。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 050
ここはこの稲又山のトラバースルートを使う場合は
一番嫌なところでしょう。
この写真ももう8年前ですから今は状態はもっと悪いかもしれませんね。
このルートはおそらく徐々に廃道という形になっていくとは思いますが
特にここを通らないでも中の宿沢沿いには出れるので踏み跡・登山道
ありきでない方は心配はないでしょう。
(というか私的には南嶺の一部ルートは手を入れなくてもいいと勝手に
思っていますが)

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 051
このあたりの水はおいしいです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 052
トラバース道は基本的にしっかりしていたようです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 055
また同じようにルートを撮った写真のようです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 056
導標もあります。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 057
いい写真ではないですが、まずこのルート
で人に会うということはないでしょうから
静かで気持ちは良いです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 058
同じような写真です。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 059
なんとなくこの導標はけっこうあったような
記憶がします。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 060
沢沿いの大きな石ですが石の名前が
あるようです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 061
こんな立派な標識もありました。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 062
中の宿沢を渡ります。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 063
大井川を挟んで林道も見えます。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 064
ここの吊り橋はけっこう長いんですよね。
この時点であんまり手も入っていない感じですし
下の板もかなり古い印象があります。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 065
林道に出たようです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 066
奥の山と手前の山の間の切れ込みが中の宿沢です。
吊り橋までは切れ込みの終点を沢を跨ぎトラバース
してくる感じです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 068
なんで撮ったのかよく覚えていませんが
このルートは廃道でいいと勝手に思っています。
好きな人は自己責任で歩くでしょうし。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 071
写真が悪くてよく分かりませんがこの崩れも
下部は凄いです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20 072
畑薙第一ダムに向かっています。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 001
秋晴れですね。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 002
池の平~青薙山への道の林道からの取り付きですね。
この道はいい道です。
池の平の水はうまいです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 003
いい構図です。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 004
秋の畑薙湖は静かでいいです。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 006
山下りてからの写真が多くて
すいません。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 008
南部はこんな感じで十分です。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 011
ダムの堰堤が見えてきました。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 012
山は紅葉が終わっていましたが
里は紅葉さなかだったような。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 015
堤の高さがすごいです。
ここは中部電力のダムですね。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 019
バス待ちでしょう。
この日は秋晴れで日差しも気持ち良かった
と思います。

南アルプス白根南嶺縦走②-(雨畑~布引山~所ノ沢越~中の宿沢~畑薙第一ダム))H17・11・19~20② 023
しずてつのバスで静岡駅へ。
今はこの便はあるのか分かりません。

あまり山自体の写真はなかったですが所の沢越から
林道60号線に出るルートは山登りという点で考えれば
あまり面白味のないルートかもしれませんが、昔は
稲又谷沿いのルートから南信州に抜ける最短の道の
一部として使われたのではないかと思っています。
そういう意味では面白いルートです。
道は段々と自然にかえりつつあるようですがそれも
いいことだと思っています。
南嶺は本当にいいところです。
静岡側の60号線側からも面白い沢・ルートがありますし
山梨の早川町側からはその長い尾根・沢にいくつもの
面白いルートがあります。その中にはもともと道が付いて
ないところや既に自然に還って久しいものもあり想像
するだけでも楽しいです。
また、行けたら嬉しいです。
 では、今年は多分これが最後の更新です。
また、出来れば更新したいと思っていますのでその時は
ご覧になって頂ける方はどうぞ。


スポンサーサイト
category
[南アルプス白峰南嶺]老平~布引山~所の沢越~中の宿~畑薙第一ダム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。