Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

奥秩父-新地平~雁峠~雁坂峠~雁坂峠登山口H16・9・12

 今回は久しぶりに記録の更新をしたいと思います。
残写真のストックには9月のものはほとんどないのと
写真が少ないものが多いようなので簡単なものとなります。
 ただ今は写真が割と多く撮られている記録はとても更新
するような気力と時間がありませんので、あっさりと今回の
記録は更新したいと思います。
 では、よければどうぞ。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 001
塩山より西沢渓谷行きのバスに乗りおそらく新地平で下車。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 002
作業用林道を沢を脇にしながら歩きます。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 003
小ナメがきれいです。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 004
伐採後の植松が青いです。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 005
このあたりは沢が小さいですけど非常にきれいだった
記憶があります。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 006
水の勢いも増していい感じです。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 007
ここも何回かこのころは行っていますが比較的
熊さんには会えそうな雰囲気の場所です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 008
雁峠です。ここもかつては三富側と埼玉側を結ぶ裏道だったのでしょうか。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 009
雁坂峠方面です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 010
雁峠より登路を振り返って。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 012
こちらは雁坂とは反対方面ですね。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 013
雁峠を振り返って。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 014
燕山です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 015
ちょっとどっち方面だったか覚えていません。
奥多摩か大菩薩方面か

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 016
多少紅葉してるでしょうか。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 017
塩山方面です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 018
いい雰囲気です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 019
古礼山分岐です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 020
雁峠、笠取山方面です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 021
古礼山山頂です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 024
その後水晶山です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 026
雁坂峠へ向かいます。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 027
小屋分岐です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 028
雁坂峠標識が見えてきました。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 029
峠より。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 030
破風方面です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 031
昔はここは秩父往還の要所でした。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 032
下り始めですかね。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 033
沢までトラバースして降ります。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 034
水がきれいです。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 035
水流の中の登山道です。

奥秩父-雁峠~雁坂峠(新地平~雁坂峠登山口) 036
ここの道は水に癒されますよ。
写真は以上です。
このあと雁坂峠登山口に降り、道の駅で一休みです。

雑感
今回の山行はちょうど甲武信ヶ岳付近を周遊して楽しんでいた頃のものだと
思います。雁峠や雁坂峠付近を水源とするやがては笛吹川へと繋がる流れは
非常に清冽な印象があります。
この頃はよくこのあたりから大洞山経由で丹波、金峰経由で増富、白石山経由
で秩父湖と楽しんでいたのが印象に残っています。あとこのあたりは沢もいいですし。
今回の山行はあまり写真がなくお楽しみ頂けたかは分かりませんが、多分私自身は
楽しんでいたのではと思います。
本来自分自身が楽しんでいる山行というのはカメラを持っていてもその存在を忘れて
しまうことが多く、一つの山行につき3・4枚撮っているものが以前はほとんどでした。
逆に言えば写真が沢山撮られているものは肉体的にも精神的にもかなり余裕がある山行
と言えると思います。そういえば振り返ってみてもここ5年ほどは事前に緊張感や怖さを
感じる山行は全くしておらずそういう点では納得です。
ただ私自身も年齢とともに衰えを感じていることもあり、これからも機会があっても
そんなに危険を感じる山行をするつもりはないですし、山行自体の数も少なくなる
だろうなと思っています(もうなっていますが)。
ただ、できればもっとお金と時間に余裕が得られる状態になったら和賀山塊とか行きたい
ですね。
でもそれとは別に奥さんと丹沢あたりを縦走できればいいなと考えています。
では、次回は多分記録ではありませんがよければどうぞ。
今年の記録の更新はある程度長編のものは南嶺の11月あたりの記録をできればいいなと現時点
では考えています。





スポンサーサイト
category
[奥秩父]雁峠~雁坂峠
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。