Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

山歩きの心得等-不定期①

今回は私が山を歩くときに意識しているポイント
を簡単に少しだけ。
登り、下り、その中でも急傾斜、緩い傾斜等
状況においていろいろと違うことはあるのですが
基本的には手足に負担を掛けないで行動するという事が
一番大事なのではないかと思います(もちろん怪我
をしない事を含めて)。
そこで考えたほうがいいと思うのは肉体の一つの部位に
集中して負荷をかけないという点です。

・歩くときはイメージとして出来るだけすり足に近い感覚で
 片足に全体重の負担がかからないように
 (これは極端に言うと浮いてるというか、動物で言うと猫
  みたいな感じでしょうか)

・手を使う程ではないけれども傾斜がある登りは腿の裏を使う
 感じで
 
・緩い傾斜の登りは脹脛のみ使うような意識で

・長い下りは膝の角度を定期的に変えて・・・等

細かく実際の場面に落とし込めば無数に例は出来ますが
こういう点を意識するとあまり疲れることもなく、かつ
長く、それ故に安全に行動することが出来るのかなと
思います。
またそれぞれご自分で考えていろいろと試されるといいですね。
これらは意識すれば経験から無理なく導き出せると思いますよ。

また、その他にも体の柔軟性を高めることや、最低限の基礎
体力を確保することも当然重要ですね。
ただ私的には走ることはあまりお勧めできません。山を歩く
筋力と走る筋力は使い方が違うので付き方も違うと思いますし、
使うエネルギーも違うと思いますので(積雪期登山をすること
を考えれば猶更です)。

でもそういう細かいことが面倒な方は低山の山歩きを重ねる
ことが一番いいですかね。それか少し距離の長いウォーキング
もいいと思います。

ただこんな偉そうなことを書き連ねている私は最近はお酒を飲む
機会もありますし、運動不足でもありますし、私が考える山行向け
のコンディションは全く整っていない状態です。
そんな中でも高尾に行ければ大満足な状況です。
皆さんはそれぞれの山歩きをお楽しみ下さい。
(今年は地震の影響もありますから気を付けて下さい)

本当は記録の更新を考えていたのですが時間がないので
とりあえず更新ということでこんな内容になりました。
では、また次回に。


八ヶ岳-旭岳東稜-2
八ヶ岳-旭岳東稜に臨んで


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
category
[山行に関わるお話]山歩きの心得等-不定期①
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。