Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

東日本大地震について

私は今回の地震に東京・日本橋の仕事場で遭遇しました。
3月11日の最初の衝撃を受けた時はあまりの揺れに、古い
建物ということもあり過日のニュージーランドの地震の際の
被害も頭をよぎりこれで自分の人生も終わるのかなとも思った
程でした。ただ、その後の大きい数回の余震もなんとか乗り切り
交通機関が不通となってその日は仕事場に泊まることとなったものの、
その時点で自分にとっては過ぎ去った出来事となるような感覚で
日常に戻ったつもりでいました。
しかしその後のテレビやネット等のメディアを通じた情報が詳細に
入るに連れ、これはとんでもないことになったと実感し自分の中の意識が
この地震一色となってしまいました。
あまりに衝撃的な津波の映像、スリーマイル島にも匹敵する被害に繋がる
かもしれない(そうならないで欲しい)福島原発の事故、そしてその膨大な
人数に上る被害者の情報が入るにつれ気分が沈んでいきます。
私の祖母や叔母、従姉妹も仙台、岩手に住んでいることもあり今回の天災と
事故は他人事ではないため非常に心配をしています。
ようやく今日全員の生命の無事は確認が取れましたが、ライフライン等含め
今後の生活も大変心配しています。
自分に現状出来ることは非常に限定されてしまうのですが、何かしなければ
ならないと考えています。
明日は私も日本の戦後混乱期以来の輪番停電で通勤が大変になりそうですが
そんなことも言っていられないですね。
とにかく被害に遭われて生き残った方々には頑張って生きて下さいと言いたいです。

募金・安否情報をまとめたサイトです。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin






































































































































































スポンサーサイト
category
[山行とはさほど関係のないお話]東日本大地震について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。