Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

山岳保険について

今回は簡単に私の山岳保険のお話をしたいと思います。
私の場合昨年は割りと山行に出かけたのですが、
今年は私が山行と考えることができるような
ものには出かけていません。そういう暇もなく
あるいはそんな場合でもないというのが正直なところ
ですが、やはり山に行きたいなと思うことはふとした
瞬間に感じます。とはいえ体調管理の為、高尾や陣馬
には時々出かけている為あまり贅沢は言えません。

今年は日帰りでも一日ぐらい山行をしたいという希望が
ありますがどうなるかは分かりません。ただ来年も
多分山行をすることはほとんどないと思います。
と言うわけでそんな私がなんで山岳保険に加入する必要が
あるのか分かりませんが、今までの流れでなんとなく加入
してしまいました。ただいつ行けるとも限らない訳で
そんなあるかもしれないわずかな可能性の為に一応加入
しました。
そもそも山岳保険自体は私の考えとしては山行をする本人
の為というよりも、むしろその本人の家族の為だと思っている
のでその加入は絶対のものだと考えています。
私自身完全に天涯孤独の身であれば好きな山で死ぬことに
自分自身は問題がないですが、やはり家族がある身ですと、
もし山行中に事故があった場合にその家族が山なんかに道楽
で行っている私を探すのに、精神的な負担に加え多額の経済的
負担がかかることに愕然とするでしょうから尚更です。
最近は昔に比べれば冬期の山行はほとんどないですし、クライミング
の要素がある滑落の危険が高いルートを歩くこともありません。
そういうスタイルやルートに急速に興味を失っているということも
あるのですが、代わりに踏み跡のない樹林帯等を歩くことはこの先
少しはやりたいとは思っていますがそれもこれから先数年はほとんどないでしょう。
ただ今年もそんな可能性が少しはあるかな、という期待も込めて
山岳保険に加入しました。

IMGP7317.jpg
関係ないですが、加入者証の切り取りの後ろの写真は
かわいいチワワのミニィちゃんです。

IMGP7319.jpg
普段の山行スタイルにもよりますが、仮に最悪のヘリ出動
なんかを考えてしまうと遭難捜索で500万円は最低ラインかな
と思っています。

ご家族がいらっしゃる方で山に登られる方は山岳保険
はご自分の為はもちろんご家族の為に加入される事を
お勧めします。

加入先はいろいろとあるでしょうが、以下は過去に私が加入したところです。
よければ御参考にどうぞ。
http://www.jma-sangaku.org/kyosai/

http://hoken.montbell.jp/

http://kshj.co.jp/mountain/




↓一応ランキングに参加しています。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
category
[山行に関わるお話]山岳保険について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。