Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サヲウラ峠~丹波H19.2.3

今回は奥多摩(一部奥秩父とも言えます)飛龍山山行を
お伝えします。
当初は南アルプスの山行をお伝えしようと思ったのですが
なんとなく私の大好きな飛龍山山行を載せてみたくなりました。
また写真の量が少ないことも時間の点からこちらをお伝えしよう
と思った理由でもあります。
今回のルートはこの時以来使ったことがない三条の湯経由の
ものです。飛龍山という山は私が登山を始めたときより
トレーニングとして、あるいは奥深い森林の中を静かに歩く山歩きを
したいと思った時に、かなり一時期足繁く通った山です。
ここは現時点で私が今まで行った山の中でも一番思い出に残り、一番
思い入れのある山かもしれません。
ただこの飛龍山の場合は三角点のある山頂自体には一度しか行った
ことはなく、私にとってのこの山の魅力は飛龍権現から将監峠
方面に向かってすぐのトラバース突端に突き出た禿岩と呼ばれる
展望台からの眺めにあります。ここが私にとっての飛龍山に向かう時の
終了点です。
ではそんな飛龍山山行をご覧下さい。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 001
奥多摩駅より丹波行きのバスに乗りお祭で下車します。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 002
ここより三条の湯に向かう林道に入ります。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 003
天気は快晴ですが時期が時期だけにまだ氷結していますね。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 004
それにしてもこの日は雲一つありません。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 005
東京都水源林の碑があります。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 006
車で入れる林道終点より三条の湯に向かいます。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 007
沢も一部凍結しています。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 008
この時期は落葉する木々は寂しいです。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 009
この時期ならでは沢の風景です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 010
三条の湯です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 011
ここの湯も一回入ってみたいですね。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 012
北天のタルへ向かいます。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 013
登り始めは割りと急登です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 014
少し登って開けたところより。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 015
だいぶ登ってきました。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 016
タルに近くなると雪の量も多くなります。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 017
このあたりからチラッと富士が望めます。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 018
北天のタル付近より。石尾根縦走路に雪が付いて目立ちます。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 019
北天のタルに着きました。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 020
三条ダルミ、雲取山方面の登山道です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 021
こちらが上がってきた方面です。
写真手前の尾根に登山道が付いています。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 022
奥多摩湖を挟んで対面に三頭山が立派です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 023
トラバースの要所には立派な木道が付けられています。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 024
このあたりはところどころ展望を楽しめます。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 025
飛龍権現に近づくに連れ雪はそこそこ深くなります。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 026
また同じような写真ですが、奥に御前山、御岳も見えます。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 027
無雪期はザレですね。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 028
左端が鷹ノ巣山ですね。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 029
このあたりから山頂に取り付いても面白いかもしれません。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 030
もうこのあたりだと飛龍権現はすぐですね。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 031
権現様を越えて私の目的の禿岩が近いです。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 032
ここを抜け出ると禿岩のパノラマです。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 033
禿岩に出ました。
後ろの白い山は確かじゃないですが浅間山ですかね。手前には仙波と白石山です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 034
ここが禿岩に出たところです。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 035
禿岩直下の眺めです。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 036
富士です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 037
甲武信、国師も見えます。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 038
和名倉山もくっきりです。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 040
禿岩から真下を覗き込んで撮ってみました。
ここはかなり深いです。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 041
この日は南アルプスも北部、南部と一望です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 042
帰路に使う尾根が手前の尾根です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 043
何回見ても南アルプスはいいです。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 044
光の関係か少しぼやけていますが富士山です。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 045
飛龍権現に戻りました。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 046
このときも権現様に挨拶はしたと思います。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 047
丹波方面に下山します。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 048
前飛龍です。
ここからの眺めも素晴らしいですよ。

奥多摩-お祭~三条の湯~北天のタル~飛龍権現~サオウラ峠~丹波19・2・3 049
サヲウラ峠です。
ここも思い出深い場所です。
すいませんが写真はここまでのようです。
この後丹波に下山し、この時も丹波山温泉には
お世話になったのかもしれません。

以上、山行終了。


今回は奥多摩飛龍山山行をお伝えしました。
飛龍山自体は位置的には奥秩父といっても良いかもしれませんが、
奥多摩の山々と距離的に近いことやアクセス等のアプローチも
奥多摩側から入る事が多いので、私の中では奥多摩という感覚
です。
今回は三条の湯経由で上がりましたが、私の場合はこの行程を
とるよりも丹波よりサヲウラ峠を経由するケースが多かった為、
この時は新鮮な感覚で飛龍山まで辿った記憶があります。
三条の湯経由で上がる場合は青梅街道から三条の湯までの林道
歩きでかなり距離を稼いでしまう為、山登りとしての妙味はあまり
ない感じを受けます。
私としては丹波からのサヲウラ峠経由で飛龍山まで行かれる方が長く
山深い樹林帯歩きが出来ますし、途中の前飛龍で素晴らしい眺めを
堪能出来る事を考えても、こちらをおすすめします(ただ展望は晴れ
ていないと望めませんが)。
また飛龍山は山頂自体は展望の得られないところですが、私が好きな
禿岩はかなりの角度で素晴らしい展望を得られます。
ここは私が大好きなところですので近いうちに行くことが出来れば
嬉しいです。
では不定期ですが次回もご覧下さい。
次回は本当に南アルプスの南嶺をお伝えしようと思います。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

↓これからの時期はアウターとして使います。

スポンサーサイト
category
[奥多摩]三条の湯~飛龍山~丹波
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。