Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

北丹沢-音久和~神ノ川ヒュッテ~袖平山~姫次~鳥屋H21.5.31

 今回は今年5月末日の丹沢ハイキングをUPします。
ただ、今回は丹沢といっても小田急線沿線より入るにぎやかな丹沢ではなく、道志山塊を対面に国道413号から入る、割と静かな裏丹沢です。
 私自身丹沢はあまりなじみがなく、今回でわずか3回目です。丹沢山系は標高はあまりないですが、相模原や町田あたりから天気が良い日に見える山々の風景はなかなかきれいで、一服の清涼剤となっていました。ただ、一般的に非常に人気の高い山系なので、今回は静かな山歩きを目的に裏丹沢の一部をハイキングしました。
では、どうぞご覧下さい。

IMGP3466_convert_20090826144645.jpg
橋本駅北口より神奈中バスで三ヶ木を経由して月夜野方面に向かいます。途中、音久和のバス停で下車。時刻はAM7:20頃。

IMGP3468_convert_20090826144832.jpg
朝もやの中、国道413号沿いの集落を撮りました。

IMGP3469_convert_20090826144926.jpg
階段を登り、音久和の集落へ向かいます。

IMGP3471_convert_20090826145025.jpg
集落を抜けて神ノ川ヒュッテ方面に向かう林道に入ります。

IMGP3472_convert_20090826145219.jpg
途中、神ノ川キャンプ場を通り過ぎます。

IMGP3474_convert_20090826145556.jpg
名前は忘れましたがきれいな滝です。

IMGP3475_convert_20090826145629.jpg
管理渓流釣り場です。

IMGP3476_convert_20090826145700.jpg
りっぱなトンネルを抜けます。

IMGP3477_convert_20090826145734.jpg
きれいに区画されてますね。

IMGP3478_convert_20090826145803.jpg
今は使われていない平行している旧橋を、新しい橋から撮りました。

IMGP3479_convert_20090826145844.jpg
鐘撞山に向かう登山道入口のようです。

IMGP3481_convert_20090826145946.jpg
長者舎山荘付近で大室山方面からの沢を撮りました。水はきれいです。どうやらここの山荘はだいぶ前に閉まったようですね。このホースは山荘在りし日の頃の飲料水用のものですかね?

IMGP3483_convert_20090826150044.jpg
神奈川県の水源保護の看板です。

IMGP3484_convert_20090826150112.jpg
林道から神ノ川。

IMGP3485_convert_20090826150157.jpg
そろそろ神ノ川ヒュッテが近そうです。

IMGP3487_convert_20090826150258.jpg
ここを行くと、ヒュッテに着くようです。

IMGP3488_convert_20090826150327.jpg
このあたりはご覧の通り、駐車場状態です。檜洞丸とか大室山とかに行かれている方のですかね?

IMGP3490_convert_20090826150430.jpg
先ほど歩いてきた対岸の林道を撮りました。

IMGP3491_convert_20090826150502.jpg
檜洞丸方面との分岐のようです。

IMGP3492_convert_20090826150533.jpg
ここより袖平山方面への道へ入ります。

IMGP3493_convert_20090826150609.jpg
若干下って、神ノ川を橋で対岸へ渡ります。

IMGP3495_convert_20090826150710.jpg
渡るとこんな感じで木の階段が上へと向かっています。

IMGP3496_convert_20090826150741.jpg
ようやく登山道という感じですね。

IMGP3497_convert_20090826150812.jpg
これはトレランのレース用のものみたいです。

IMGP3499_convert_20090826150923.jpg
40分程登って風巻ノ頭到着。

IMGP3500_convert_20090826150959.jpg
そういえばここは東海自然歩道の一部のようです。ですから道はきちんと整備されています。

IMGP3501_convert_20090826151030.jpg
看板の地図を撮りました。ちょうど本日のここまでのルートがほぼすっぽりとおさまりました。
ということで先ほどの滝はエビラ沢の滝のようです。失礼しました。

IMGP3502_convert_20090826151105.jpg
風巻の由来のようです。

IMGP3504_convert_20090826151209.jpg
この時点では展望はほとんどありません。

IMGP3505_convert_20090826151237.jpg
つつじですかね。写真は失敗ですが、きれいでした。

IMGP3506_convert_20090826151315.jpg
ようやく展望が得られてきました。方角は檜洞丸方面です。

IMGP3508_convert_20090826151509.jpg
この標高の山でこの土ガレはあまり見たことはないのですが、鹿の食害か、一番大きいのは人害なんですかね。

IMGP3510_convert_20090826151618.jpg
神ノ川ヒュッテ方面を撮りました。

IMGP3513_convert_20090826151756.jpg
袖平山付近に到着しました。

IMGP3515_convert_20090826151905.jpg
ここでちょっと早めの昼食です。

IMGP3516_convert_20090826152118.jpg
食べ終わって山頂に向かいます。

IMGP3517_convert_20090826155916.jpg
袖平山山頂です。大室山方面が開けています。この日は天気がいまひとつでしたので見えませんでしたが、快晴であれば富士山もきれいに見えるでしょう。

IMGP3518_convert_20090826155951.jpg
大室山もご覧の通りです。

IMGP3520_convert_20090826160206.jpg
どうやら、ここからエビラ沢の橋に降りる道もあるようです。

IMGP3521_convert_20090826160239.jpg
山頂から本道に戻ります。

IMGP3522_convert_20090826160310.jpg
これから姫次に向かいます。

IMGP3525_convert_20090826160825.jpg
10分程で姫次が見えてきました。

IMGP3527_convert_20090826160937.jpg
姫次到着。写真は蛭ヶ岳方面への看板です。ここは以前、焼山から表丹沢に抜けたときに一度通っています。

IMGP3529_convert_20090826161037.jpg
この辺は、ところどころにフキが生えていました。

IMGP3530_convert_20090826161111.jpg
東海自然歩道は随分長いんですね。

IMGP3531_convert_20090826161145.jpg
姫次を過ぎて焼山方面に向かいます。このあたりでポツポツと降ってきました。

IMGP3532_convert_20090826161219.jpg
姫次より約10分、八丁坂ノ頭の分岐です。この時点で高度と時刻は写真の通りです。

IMGP3533_convert_20090826161251.jpg
黍殻避難小屋がガスの中見えます。

IMGP3534_convert_20090826161325.jpg
雨足がだいぶ強くなってきました。

IMGP3535_convert_20090826161358.jpg
途中の水場の確認。味はまずまずでした。

IMGP3536_convert_20090826161433.jpg
今日は鳥屋方面に下りたいと思います。通行止めになっていますが、ルートの確認をすると、どうやらトラバース道の一部崩壊のようなので、推測される傾斜から考えて問題なしと判断。

IMGP3537_convert_20090826161508.jpg
下り途中の看板。

IMGP3540_convert_20090826161648.jpg
下山途中でブナの木を撮りました。

IMGP3541_convert_20090826161721.jpg
このあたりで一段と雨が強くなってきました。

IMGP3543_convert_20090826161825.jpg
合間から下山方向。

IMGP3548_convert_20090826162557.jpg
ようやく傾斜も緩くなり、楽に歩けるようになりましたが、このあたりは山ヒルが大量に発生しており、靴の中と膝から下を随分とやられました。

IMGP3550_convert_20090826162706.jpg
ようやく林道にでました。ここで完全にヒルを体から落としました。

IMGP3553_convert_20090826162810.jpg
時刻はPM13:30頃。鳥屋のバス停に着きましたが、次回はPM15:50頃なのでかなり時間があります。

IMGP3554_convert_20090826162847.jpg
周りには特に何もないので、地図で確認して、バスの始発にもなっている宮ヶ瀬湖の湖畔にある鳥居原ふれあいの館で休むことにします。

IMGP3556_convert_20090826162949.jpg
宮ヶ瀬湖です。

IMGP3557_convert_20090826163026.jpg
ここはご覧の通り遊覧船があるようです。

IMGP3560_convert_20090826163054.jpg
湖畔の公園です。あいにくの雨で人手は少ないようでした。

以上、終了


雑感
今回は、私にとっては、めずらしい丹沢のハイキングとなりました。低山で日帰りの山歩きに行くと考えた場合、奥多摩が第一候補として挙げられるのですが、沢を除けばほぼ行き尽くしている点が他の山域に足を向かせるようです。その場合の他の候補としては、道志、大菩薩山系、奥秩父前衛、八ヶ岳(低山ではないですが交通アクセスが良いので)ということになるんだと思います。
 裏丹沢も静かでいいですね。ただ、歩いていて感じるのは、道がかなり整備されている反面、山としての生態系が崩れているのかな?とも思う部分が少しあります。樹林の密度も他の山域と比較して低いような気も心なしか感じます(主に裏丹沢数回しか行っていませんが)。また、びっくりしたのが山ヒルの異常繁殖状態です。とくに鳥屋に下る登山道では、止まったとたんに靴からシャクトリ虫のように猛然と上がってくる姿は不気味でした。実際かなり血を吸われました。これは他の山域では経験がなかったので、ここからも鹿の食害の影響等いろいろあるのでは、と感じました。
 私は丹沢山系は遠望することが多いのですが、非常にきれいで目の保養となっています。その山域の実際の環境がより良くなっていくように何かしなければいけないのかな、と感じた山歩きとなりました。

↓よければお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


↓ブロガー探しは
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Plant green webストア(ザ・ノース・フェイス)
スポンサーサイト
category
[丹沢]裏丹沢-袖平山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。