Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

八ヶ岳-清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸・前編H24.8.12

 今回は記録を更新します。
場所は久しぶりの八ヶ岳です。
今年3回目の山行となりますが多分今年は
これが最後だと思います。
 当日は雨の予報も事前にあり私としては
入山者がより少ないことが予想され快適に
終えることが出来るかなと考えていたような
気がします。
そうでなくても登りは一般登山道ではないので
さほどの心配はないのですが。
ではご覧ください。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 002
中央本線で小淵沢へ、そこから小梅線に
乗り換え清里駅下車。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 003
この時期は駅前は活気がありますね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 004
清泉寮方面に向かいます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 006
時間はこのぐらいです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 007
小梅線を跨ぎます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 008
長い坂を登ります。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 009
ジャージー牛のここのソフトクリームはおいしい記憶
があります。私も奥さんと一緒に食べに来たいです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 010
この辺はヨーロッパの牧場の雰囲気が楽しめます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 011
振り返って。
夏休みのこの時期はすごい車の数でした。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 012
清泉寮の売店です。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 013
しばし登って八ヶ岳高原ラインとぶつかります。
ぶつかった正面から山道に入ります。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 014
ここも車が多くて渡るのにしばしの待ちが
必要でした。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 015
最初は林道っぽくしっかりしています。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 016
その後は側溝の水路のような感じです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 017
しばし歩いて林道に。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 018
ここから上がります。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 019
先ほどの林道をしばらく歩くと仮設事務所がありました。
砂防工事中のようです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 020
しばらくここは来ていませんがだいぶ様相が変わって
ますね(工事中だから当たり前ですが)。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 021
意外なことに登山者の事を認識してくれているみたいです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 022
これですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 023
工事用道路が付いています。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 024
懐かしいものが見えてきました。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 026
壁には大きい穴が。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 027
これ懐かしいです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 028
基本的河岸歩きですがまだまだこのあたりは伏流中です。
こんな感じで歩きます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 029
堰を何か所も越えますが右から抜けたり左から抜けたりです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 030
この景色は懐かしいです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 031
伏流中、大小の石や岩を乗り越えます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 032
基本的に踏み跡はしっかりしています。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 033
ここから伏流するみたいです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 034
ようやく沢らしくなりました。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 035
見えてきました。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 036
河原で一服。
なんとなくザックを撮りました。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 037
私にとって八つを象徴する山小屋である
出合小屋です。
この小屋はもちろん常駐管理人がいる山小屋では
ありませんが、八つ東面のバリエーションをする方には
基本的に冬期において馴染みの深い印象的な小屋
だと思います。
 管理をされているのは高根山岳会の方々だと思いますが
本当にご苦労さまです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 038
中はこんな感じです。
デポ食が印象的です。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 039
小屋を離れ赤岳沢に向かいます。
パンツが薄いのでアザミの棘が
痛いです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 040
地形、地図をあまりを読まない方にはこの導標は
ありがたいと思いますよ。
取り付く尾根はツルネ、旭岳、天狗等いろいろ
ありますから。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 041
赤岳沢です。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 042
少し詰めます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 043
ところどころ布がありますがあまり
気にしなくていいと思います。
それより沢と尾根をよく見たほうが良いです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 044
適当に取り付きます。
笹の丈が意外と高いので一応踏み跡を笹の下から
探して斜度の緩いところを使って取り付けばいいかな
ぐらいです。でもここであまり神経質に取り付き地点を
踏み跡重視で探さない方がいいですよ、その方が体力を
消耗しますし。何が目的かと言えば尾根に取り付くことが
目的ですからね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 045
だいぶ上がりましたね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 046
このあたりで踏み跡が出てきました。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 047
たださほど踏み跡は強くないので笹が邪魔ですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 048
無雪期はかなりここは嫌な方は嫌でしょうね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 049
このあたりは楽ですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 050
時々休みやすい笹が薄い平坦地があります。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 052
また深いですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 053
振り返るとこの日初めての青空でした。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 054
そろそろ岩が出てきました。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 055
右隣には真行寺が。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 056
また振り返って。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 057
ここで一端抜けます。
ただ先の展望はこんな感じです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 058
古い導標です。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 059
また緩いところですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 060
ここは尾根にある岩をトラバースしたところ
だと思います。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 061
草が風に揺れています。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 062
開けたところより。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 063
様相が変わって岩と草付きに。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 064
雲に包まれた感じですが、風が強くなります。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 065
このあたりから斜度が強くなります。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 066
歩きやすいですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 067
ようやくカニの鋏が見えてきました。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 068
この感じは久しぶりですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 069
ここで一服です。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 070
花が。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 071
ここは風がなければいいテン場です。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 072
直登すればこんな感じです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 073
トラバースはこんな感じです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 074
カニの鋏を終えて。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 075
カニの鋏を振り返って。
ここは積雪期もトラバース出来ますね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 076
また振り返ったみたいです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 077
第二岩峰の左です。
無雪期はトラバースの棚もしっかりしているように
見えます。
ここは通常右に一端トラバースし古い固定ロープの付いた
急斜面の草付きをアックス等を突き刺しながら50メートル
ぐらい登るのが最もノーマルですが、無雪期ですので
左にいってみます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 078
しばらくトラバースを登りながら途中振り返りました。
ここでも一歩踏み外せば終わりですからしっかり足場
と手のホールドは確認した方がいいですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 079
ここは岩がトラバースに突き出したところを
越えて撮ったところです。ちょっと嫌ですよ。
このあたりはどこが正規ルートというのはないですし
踏み跡もないですからどこから上がっても自由ですし
それは各人の考えですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 080
草で地面が見えないのでこのあたりでトラバースを
止めます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 081
トラバースから上がったところです。
滑れば多分何百メートル下までどこにも触れることなく
落ちます。
ここは正規ルートではないので別に正解ではないので
各人でやりやすいところを選べばいいと思います。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 082
トラバースから草付き岩壁を上がって先を撮ったところですね。
ここで雲が切れて展望もまずまずなので一服とします

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 083
岩が尖がっていて面白いです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 084
この先は一端下へトラバースしてルンゼを上がります。
ここは無雪期は簡単ですね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 085
第二岩峰を草付き斜面から登るとこちらから
上がってきます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 086
キレット小屋が見えます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 087
あのあたりは富士見ですかね。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 088
先に進みルンゼを見上げますが、
ここは側壁を使って上がります。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 089
この辺りは解放感があり歩きやすいです。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 090
お花です。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 091
私の写真ではあまりお伝えすることは出来ませんが
このルートの無雪期は高山植物のお花がすばらしいです。
一応バリエーションなので人が少ないことが幸いしているようです。
今後もこうあって欲しいです。
なるべく踏まないように気を付けます。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 092
権現です。

清里~出合小屋~天狗尾根~赤岳~美濃戸H24.8.12 093
ようやく雲が晴れてきたようです。
この後大天狗に向かいます。

以上で前編の終了とさせて頂きます。

 本当は一回で更新したかったのですが以外に時間がかかることと
例のごとく写真を撮りすぎてしまったのでその取捨選択が出来ず
あるいは面倒であるため(笑)、途中で終わることとなりました。
 今回の前編の行程については八つ東面のいわゆるバリエーション
ルート(私はあまり好きな言葉ではないのですが)入門として冬期
によく登られており、岩登りの要素をある程度含んだルートです。
今回は無雪期ですが積雪期とはまた違った魅力を味わうことが出来
(お花畑等)なかなか良いルートです。
前編の行程で注意する点としては尾根取り付きと第二岩峰ですが、
具体的内容については写真とそれに付けたコメントをご覧頂ければ
と思います。
後編の更新は未定ですが出来れば年内にとは現時点では思っています。
 今回はまず何よりも一日完全に自由な時間をくれて山に行かせて
くれた私の奥さんに感謝します。
 また今回の行程を選択するにあたっては特段の理由もなかったところ
私の好きなブログの一つであるMasさんのブログの野辺山からの八つ東面
の写真が印象に残っていたことが大きいのかなと思っています。
 ではまた。









スポンサーサイト
category
[八ヶ岳]清里駅~出合小屋~天狗尾根~赤岳~南沢~美濃戸・前編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。